地域情報

ツルの北帰行始まる。山崎地区に約50羽の群れ。

鹿児島県出水市で越冬していたナベヅル、マナヅルが繁殖地の中国東北部やシベリアへ渡る「北帰行」が始まった。

今冬は出水平野で最大1万7315羽のツルが確認され、1月18日から北帰行が始まった。飛行ルートは複数あり、本市では石田町山崎の田んぼで1月30日に約60羽を初確認。31日午後4時過ぎには約20羽、同5時30分にはさらに約30羽が降り立ち、羽を休め、虫をついばむなどひと晩の休息をした。1日午前8時前には再び北方向へ向かって飛び立って行った。

今冬は出水市をはじめ九州各地でも鳥インフルエンザが確認されており、渡り鳥が病原ウイルスを媒介している恐れもある。ツルたちを驚かさず、また病原ウイルスを媒介しないためにも、鳥たちに近づかないこと、また鳥たちが降り立った場所に入った場合は靴の消毒をすることなど、例年以上の注意が必要だ。

関連記事

  1. 団長に松山颯大さん 交通少年団入団式
  2. 瓶商品を追加 アイランドブルワリー
  3. 壱岐国牛まつりが30周年
  4. 「リスクなき事業提案を」Iki‐Biz森センター長が会見。
  5. 「警察から前副市長らに措置ない」、不正入札疑惑に白川市長が言及。…
  6. 壱岐高体験入学に島外から9人 東アジア歴史・中国語コース
  7. 市議会新議長に鵜瀬和博さん(46) 情報公開の推進を明言
  8. 観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP