地域情報

長崎県壱岐病院が開院

市立壱岐市民病院が長崎県病院企業団(米倉正大企業長)に加入したことに伴い、「長崎県壱岐病院」(向原茂明院長)として1日、開院。入口に設置された「名称表示塔」の除幕セレモニー、市内ホテルでの開院式が行われた。今後は県と6市1町で構成する特別地方公共団体(一部事務組合)の県病院企業団が、他の11施設とともに運営し、地域中核病院として機能強化を図る。
開院に先立ち、3月31日に壱岐市病院事業事務引継式が市役所郷ノ浦庁舎で行われ、白川博一市長、米倉企業長がそれぞれ引継書に署名を行った。企業団加入を2012年市長選から公約の「一丁目一番地」と標ぼうしてきた白川市長は「壱岐市の念願が叶った日だ。しっかりとした組織の下、壱岐医療の質・量とも大きな発展が期待できる」と感無量の表情を浮かべた。
1日は米倉企業長、向原病院長が記者会見を開いた。赴任から2年間で目標の企業団加入を果たしたことについて向原院長は「私を含めて医師5人増員ができたこと、招へいした米城和美看護部長がスタッフ1人1人を束ねてくれたこと、医師がおらず赤字の時期に何もできなかった職員が、態勢が整ったことで本来のモチベーションを発揮できたこと、この3点が大きかった」と振り返った。
米倉企業長は「向原院長の人柄が大きかった。地元医師会との連携をうまくやってくれた。企業団は長崎大とは長く付き合っているが、壱岐では九州大、福岡大、久留米大の3大学との連携をうまくやってくれている。その結果、年間2億円の赤字だったものが、1年目から1億2千万円の黒字に転換した。彼がいなかったら、私も壱岐の企業団入りを引き受けていなかったかもしれない」と向原院長の手腕を高く評価した。
今後の改革として向原院長は「重要なのは連携だ。地元病院との地域連携ももちろんだが、収益を考えれば島外病院との連携も必要。例えばガンの場合、5~10年間の治療が基本になっている。壱岐で早期発見初期治療を行い、手術・放射線治療などの高度医療は島外、その後の継続治療は再び島内で行うシステムを作りたい。そのために10月から導入予定の電子カルテが大きな武器になる。あじさいネットを福岡と結ぶことが次の夢となっている」と語った。
あじさいネット(※)について米倉企業長は「現在のあじさいネットは13年前、向原院長が長崎医療センター勤務時代に発案者の一人となったもので、彼はノウハウを持っている。福岡と県をまたいだ連携ができれば画期的で、企業団としても応援していく」と後押しを約束した。
電子カルテ、あじさいネットに関しては壱岐医師会でこれまでに3回の勉強会を実施しており、国も地域包括ケアへの補助金を検討している。「補助金が決まれば一気に導入が加速する。在宅医療にも導入できれば、壱岐はモデルケースとして全国的にも注目される」と向原院長は「壱岐」を全国へ売り出すチャンスとも捉えている。
今後の具体的な診療体制については、常勤医不在だった外科に、4月から九州大第2外科から1人が常勤として派遣されている。「計画は2人態勢。予定手術は応援の医師が来るので1人でも対応は可能だが、1人だと医師の精神面での負担が大きい。適切な人材が見つかり次第、早ければ年度内にも2人態勢にしたい」とまずは外科の充実に着手する。
※あじさいネット 長崎地域医療連携ネットワーク=他の医療機関から患者の同意のもと、インターネット経由で中核病院のカルテ情報を診療利用するシステムで、現在利用できる医療機関は270機関。

【県壱岐病院沿革】
▽明治28年 壱岐郡立病院として武生水村に創設。
▽大正12年 郡制廃止に伴い壱岐公立病院に名称変更。
▽昭和19年 日本医療団に移管、日本医療団壱岐病院となる。
▽同23年 壱岐郡町村組合設立、公立病院として移管を受ける。
▽同41年 壱岐郡町村組合立准看護婦養成所設置(昭和55年廃止)
▽同43年 県離島医療圏組合加入を町村組合議会が否決
▽平成17年 壱岐市民病院と名称変更し、郷ノ浦町東触桜川地区に新築移転
▽同23年 精神科医師派遣中止により精神科病床休床
▽同24年2月 市長、市議会議長が県知事へ企業団加入を要望
▽同25年3月 4階病棟を療養型病棟へ改修
▽同4月 かたばる病院と機能統合
▽同26年9月 県病院企業団への加入について構成団体が了承
▽同27年4月 県病院企業団へ加入

◆県壱岐病院概要 ▽診療科目=内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、外科、小児科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、皮膚科、泌尿器科、脳神経外科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科▽病床数 228床(一般120、療養48、精神50、結核6、感染4)▽診療曜日 月~金曜日▽受付時間 午前8時~午前11時(急患を除く)▽診療時間 午前8時半~午後5時15分

関連記事

  1. 人口減や施策を説明。黒﨑局長が中学校で講話。
  2. 230人が6㌔コースを歩く 第16回原の辻ウォーク
  3. 過去最高の200万円超え。牝子牛の「すみれ」。
  4. 陸上養殖トラフグが壱岐特産品に 低塩分生態環境水で安全安心
  5. 「子どもたちに夢を」ボートレーサー下條が寄付。
  6. 市商工会総代会 新会長に吉田寛氏
  7. 旅の思い出に 有志が芦辺港にピアノ設置
  8. クレーン車で救助協力。齊藤豊さんに感謝状。

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP