地域情報

長崎デザインアワードで大賞。壱岐の蔵酒造。

本年度長崎デザインアワード2020で、壱岐の蔵酒造と五島列島酒造(五島市)のコラボ商品「1・5ONE FIVE」(30度、720㍉㍑)が、76の企業、団体、個人が応募した223点の中から最高賞の大賞を受賞した。

県内で企画、開発されている商品の中から優れたデザインを表彰し、開発意欲やデザイン力の向上を目的に県産業デザインネットワークが主催し今回で10回目。

1・5ONE FIVEは、壱岐産米麦100%の8年熟成焼酎と五島産米麦焼酎100%麦焼酎をブレンドした商品で、両市の花木であるツバキをモチーフに五島産の花から採取した天然酵母「五島つばき酵母」を使った長崎限定商品。島の魅力が融合し、味わい深く、米麹の旨味と甘い香りが特徴という。瓶は水色を基調としてツバキの花をあしらっている。

壱岐の蔵酒造の石橋福太郎代表取締役(48)は「離島は人口減少など明るい話題が少ない中で、コラボ焼酎で大賞が獲れて明るい話題を報告できてうれしい」と話した。

関連記事

  1. 漂着ゴミから環境考える 塩津浜でボランツーリズム
  2. 平均価格が4万6千円増 巻き返し傾向の子牛市場
  3. お宝は壱岐の「色」 漫画家・栗元健太郎さん
  4. 人口減少対策など11項目 中村知事に要望書提出
  5. ルーヴル銅版画展第2期がスタート
  6. 芦辺中建設問題で市教委困惑 6月3日に市民説明会
  7. 市庁舎建設の賛否を問う住民投票告示 26日投開票
  8. 14組のカップルが誕生 都会女性と婚活イベント

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP