地域情報

1~3月期8・3%減 長崎県観光動向調査壱岐ブロック

県は14日、今年1~3月期の観光動向調査を発表した。県全体の延宿泊客数は115・5万人で前年同期比3・7万人(3・3%)増。主要観光施設利用者数は201・5万人で同4・7万人(2・3%)減だった。
壱岐ブロックは1~3月でいずれも前年同月を下回り、計8・3%減と落ち込んだ。県観光振興課は「前年に開催されたスポーツ大会などによる反動が見られた」と分析した。
一支国博物館の利用者数は1万5063人で、同9・6%の減だった。

 

関連記事

  1. 焼酎ひろばに400人 35種を利き酒
  2. 新指定管理者を議決へ~産業建設常任委が可決。一支国博物館・ケーブ…
  3. 石ころアートと菓子・パン店がコラボ 「よみがえった石コロたち展」…
  4. 女子郷ノ浦が4連覇。男子勝本は全員区間賞。市中体連駅伝大会
  5. 大食い・木下ゆうかさん起用で、ふるさと納税動画再生日本一。
  6. 来年から箱根路を走りたい 順大進学を決めた江口智耶
  7. 飲食店・宿泊施設に 30~100万円支援。
  8. 福原悠吾が6年百㍍優勝。県ジュニア陸上選手権。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP