地域情報

1~3月期8・3%減 長崎県観光動向調査壱岐ブロック

県は14日、今年1~3月期の観光動向調査を発表した。県全体の延宿泊客数は115・5万人で前年同期比3・7万人(3・3%)増。主要観光施設利用者数は201・5万人で同4・7万人(2・3%)減だった。
壱岐ブロックは1~3月でいずれも前年同月を下回り、計8・3%減と落ち込んだ。県観光振興課は「前年に開催されたスポーツ大会などによる反動が見られた」と分析した。
一支国博物館の利用者数は1万5063人で、同9・6%の減だった。

 

関連記事

  1. 県商工会青年部連合会・新会長に山川忠久さん
  2. ICTモデル事業 三島地区でスタート
  3. 壱岐牛と壱岐産ユズ。キーマカレー新発売。
  4. 県高校総体成績 大久保舞香が北九州大会へ
  5. 芦辺に3万平方㍍の土地取得 日韓トンネルフォーラム
  6. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  7. 壱岐市はウォークラリー開催 ねんりんピック長崎2016
  8. 1000個の宝で町おこし 壱岐の新たな魅力を発掘

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP