地域情報

「古代世界の中の壱岐」。博物館の特別企画展。

一支国博物館の第52回特別企画展「古代世界の中の壱岐」が4日に1階テーマ展示室で開幕した。来年1月20日まで。入場無料。

同展は博物館と市教委の共催で、これまで島内での発掘調査や資料が少なかった古墳時代後期から飛鳥・奈良・平安時代にスポットライトを当てた。平成28年度から令和2年度まで5年に渡って市教委が実施した調査資料を再整理し、国内外の交流・交易の中継地だった壱岐が、倭軍の最前線基地として性格を大きく変えていった様子などを、時代を追った展示で紹介している。

展示品数は約200点で、笹塚古墳から出土した国重要文化財「金銅製亀形飾金具」をはじめ、串山ミルメ浦遺跡出土の亀卜甲(巫女が占いで用いた道具)、壱岐国分寺出土の瓦、双六古墳出土の中国北斉製二彩陶器、鉢形嶺出土の弥勒如来坐像(複製品)など。市教委の田中聡一係長は「古代の壱岐、日本、中国大陸の年表を掲示しているので、展示物と見比べながら、壱岐の古代の目まぐるしい変化を感じてもらいたい」と話した。

来年1月16日に関連イベントとして特別講座「古代世界の中の壱岐」を開催。田中係長ら4人が講演する。

関連記事

  1. 7蔵が乾杯用焼酎を共同開発 壱岐焼酎の日10年・地理的表示20年…
  2. 地域学校協働で文科大臣表彰。志原っ子育成協議会。
  3. 8~10月燃油サーチャージ無料 航路対策協議会で正式決定
  4. キューバの島から壱岐の島へ 笹原直記副市長インタビュー
  5. 名所巡るトレッキング 箱崎まち協がコース作成
  6. 第1回人口減少対策会議 政策企画課に事務局設置
  7. 旧公立病院跡地などを検討 第4回庁舎建設特別委員会
  8. 郷ノ浦祇園山笠が中止。

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP