地域情報

初日は午前中で完売。プレミアム商品券。

市は1日から、1セット5千円で7千円分が利用できる市プレミアム商品券第2弾の発売を開始したが、販売する市商工会、市役所4庁舎には初日午前9時の販売開始とともに買い求める市民が殺到。1日に販売を予定していた7700セットは、午前中にほぼ売り切れた。

市商工振興課は「第1弾の売れ行きから判断し、十分な量を用意したつもりだったが、予想を上回る人気となった。このペースでいくと、今週中(5日まで)に予定の4万5千セット(3億1500万円分)がすべて売り切れてしまうかもしれない」と話した。

2日も午前9時から市商工会前には、市民の長い行列が出来た。

関連記事

  1. 壱岐に初の「海の駅」 湯本に「湯がっぱ」オープン 地元有志が 手…
  2. 環境啓発に共感 シーカヤック寄贈 大阪のサラヤエスビーエス
  3. 母校壱岐高で中国語教える。上海大3年、百﨑さん非常勤講師に。
  4. 運賃低廉化に8337万円。新年度一般会計当初予算案
  5. マナヅルの北帰行始まる。深江田原、山崎で観察。
  6. 広瀬組を表彰 振興局優秀工事
  7. 3機関が連携を宣言 いざ本番、ごっとり市場
  8. 子ヤギが「ヴェ~」 イオン横芝生広場

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP