地域情報

新商品「麦の贈りもの」発売 壱岐焼酎6蔵飲み比べ

壱岐酒類販売協同組合(三木圖理事長)は9日、壱岐焼酎メーカー6社と共同開発した新商品「麦の贈りもの」発表記者会見を、同組合会議室で行った。
同商品は昨年9月、組合の壱岐焼酎委員会の中に新たに商品開発部会を設立し、各蔵の代表者と計17回もの会議を行い、「贈答品としてビール1ダース詰めに替わる商品」をコンセプトに、飲み比べができるように各蔵1本のセット、女性でも持ちやすく取っ手の付いたカートンなどを目指して開発した。
当初は全7蔵で開発する予定だったが、都合により重家酒造が今回は参加せず、6蔵が自慢のメーンブランドを新商品用にリメーク。ビール中瓶よりも細く統一したボトルと、漢字一文字で銘柄を表した「天・山・壱・円・華・島」のラベル、A4サイズの熨斗(のし)がピッタリのカートンサイズにし、20度500㍉㍑6本1セットを完成させた。
希望小売価格は税込み4500円(島内価格)で、島内の酒販店で8月20日から販売を開始しており、すでに約100セットが売れている。同組合では「組合でビール1ダースが昨年7千セット売れているので、その15~20%、1000~1400セット程度を目標にしている」と話した。今後は北部九州地区での販売も予定している。
三木理事長は「大型量販店とは差別化した商品が必要だった。壱岐焼酎のブランド化で壱岐の経済活性化を図りたい。今後は壱岐交通のラッピングバスや、ケーブルテレビでのCM、ウルトラマラソンやねんりんピックなどイベントでの宣伝を強化する。将来的には組合を法人化して、島外でも自由に販売できるようにしたい」と今後の目標を語った。
◇「麦の贈りもの」(いずれも20度500㍉㍑)▽壱岐の蔵酒造・壱岐の島▽壱岐の華・壱岐の華▽猿川伊豆酒造・円円▽天の川酒造・天の川▽玄海酒造・壱岐▽山の守酒造・山の守

 

関連記事

  1. ソメイヨシノが満開
  2. 初の合同企業説明会 5企業が参加
  3. 春に誘うロウバイの花。郷ノ浦町の民家で満開。
  4. 命名「はじめ」「あお」 イルカパークのオス2頭
  5. 「感染拡大の可能性は低い」。立ち寄り先はすべて消毒完了。
  6. 無人島に800人 辰ノ島フェスティバル
  7. 1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭
  8. 10%プレミアム商品券を発行 地域おこし協力隊2人増員 白川市長…

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP