地域情報

満開の花を観ながら散策 七変化を楽しむあじさい祭

第21回あじさい祭(郷ノ浦町文化協会主催)が11、12日に文化ホールなどで行われた。
11日の「あじさいウォーク」は一般8㌔、親子4㌔の2コースに計30人が参加。文化ホールをスタートし、海田あじさい街道、牧手花通り、半城あじさい街道などで、道路脇に咲き誇る七色のアジサイの花を眺めながらゆっくりと散策を楽しんだ。また道中の景色から俳句、川柳を詠み、散策終了後に自慢の句を文化ホール前に掲示して披露した。
勝本町から参加した60代女性は「初めて参加した。いつも車で移動しているので、こんなにゆっくり景色を見ながら歩くのは久しぶり。今までと違った景色を楽しむことができた」と心地良い汗をかいていた。
11日夜からは文化ホール大ホールロビーに飾られたアジサイの鉢植えなどがライトアップされ、幻想的な雰囲気が演出。フォト川柳、生け花や、作元正隆さん・順子さん夫妻の見事な海中写真などの作品が展示された。12日は大ホールで大正琴、日本舞踊、民謡、太鼓、謡曲、詩吟、コーラスなどの「あじさい芸術祭」が華々しく開催。あじさい苗の無料配布も行われた。

 

関連記事

  1. 田川和平さんを表彰 防犯に多大な功労
  2. 「移住者の満足度上げたい」 ―移住者らが地図づくりで交流―
  3. 特定外来生物オオフサモ 消防団が除去作業
  4. 渡良小で校舎・体育館移転式典 旧渡良中を改修し有効活用
  5. 壱岐の観光・歴史を視察。博多女子高生徒12人が来島。
  6. 山口幹雄賞は吉岡博子さん 第58回市美術展覧会
  7. 県内唯一のビール醸造所。アイランドブリュワリーがオープン。
  8. 3人が県知事賞を受賞。第65回子ども県展

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP