地域情報

ゴミから環境考える。塩津浜でボランツーリズム。

海岸の漂着ゴミを拾う第10回ボランツーリズムin壱岐(市主催)が3日、石田町の塩津浜海岸であり、五島、対馬、長崎など島外からの参加者を含め、210人が参加した。

壱岐島おこし応援隊チーム防人(中山忠治代表)が市から委託を受けて企画。新型コロナウイルスの感染予防のため、今回は参加者を県内に限定した。市内の中学生や高校生約150人も参加し、約300㍍の海岸線いっぱいに漂着したペットボトルや漁具の網など30立米分のゴミを2時間ほどかけて集めた。

友人と参加した五島市の公務員、石橋陽果さん(25)は「ハングル文字のペットボトルもあり、なぜ壱岐に流れ着くのかと思う。高校生の参加者も多く心強く思う」と話した。また、長崎大学環境科学部3年の菅野大輝さん(20)は「漁具も多く、市が漁師の方にこのような現状があると意思疎通したほうがいい」と話した。

清掃活動に続いて、ワークショップもあり、九州大学大学院生態工学研究室の清野聡子准教授の講演もあった。清野准教授は、プサン、ロシア、アラスカで日本の漂着ゴミが見つかっていることをあげ、「国という単位でできることにも限界がある。島は元々きれいだったのに、という疑問をぶつけながら(地域ごとの)ネットワークをつくってほしい」と呼びかけた。

最後に島外から参加したNPOなどが活動事例を発表し、今後も海ゴミの情報交換など連携を図ることにした。

関連記事

  1. 海水浴客が大幅増加 計5万9839人
  2. 「命つなげたい」 犬猫保護団体が初の譲渡会
  3. 「壱岐の華」金賞受賞 福岡国税局酒類鑑評会
  4. 湯ノ本温泉成分石けんに ACB工房が販売開始
  5. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男…
  6. マグロ漁を2か月間自主規制 壱岐・対馬漁師が資源確保に決断
  7. 壱岐高放送部がグランプリ NCCふるさとCM大賞
  8. 新庁舎は「那賀」か「亀石」 総工費試算は27~31億円 市庁舎建…

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP