地域情報

ゴミから環境考える。塩津浜でボランツーリズム。

海岸の漂着ゴミを拾う第10回ボランツーリズムin壱岐(市主催)が3日、石田町の塩津浜海岸であり、五島、対馬、長崎など島外からの参加者を含め、210人が参加した。

壱岐島おこし応援隊チーム防人(中山忠治代表)が市から委託を受けて企画。新型コロナウイルスの感染予防のため、今回は参加者を県内に限定した。市内の中学生や高校生約150人も参加し、約300㍍の海岸線いっぱいに漂着したペットボトルや漁具の網など30立米分のゴミを2時間ほどかけて集めた。

友人と参加した五島市の公務員、石橋陽果さん(25)は「ハングル文字のペットボトルもあり、なぜ壱岐に流れ着くのかと思う。高校生の参加者も多く心強く思う」と話した。また、長崎大学環境科学部3年の菅野大輝さん(20)は「漁具も多く、市が漁師の方にこのような現状があると意思疎通したほうがいい」と話した。

清掃活動に続いて、ワークショップもあり、九州大学大学院生態工学研究室の清野聡子准教授の講演もあった。清野准教授は、プサン、ロシア、アラスカで日本の漂着ゴミが見つかっていることをあげ、「国という単位でできることにも限界がある。島は元々きれいだったのに、という疑問をぶつけながら(地域ごとの)ネットワークをつくってほしい」と呼びかけた。

最後に島外から参加したNPOなどが活動事例を発表し、今後も海ゴミの情報交換など連携を図ることにした。

関連記事

  1. 外務省から人材支援が決定 副市長か幹部職員で2年間常勤 国の地方…
  2. 教育誌「ちゃぐりん」を寄贈 JA壱岐市が島内全小学校に
  3. 児童が一般質問 盈科小模擬議会
  4. ギネス世界記録を作ろう!! リレー形式で壱岐牛を食べさせ合う 1…
  5. 幸福の使者コウノトリ飛来 但馬との友好関係を深める
  6. 筒城浜で花嫁姿撮影 香港から招致活動
  7. 紫色あざやかに。弁天崎公園のフジが満開。
  8. 最優秀賞に郷ノ浦・貞方陽菜さん 第65回中学生弁論大会

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP