スポーツ

福原悠吾が6年百㍍優勝。県ジュニア陸上選手権。

第49回県ジュニア陸上競技選手権大会が22日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、壱岐ジュニアランナーズ(Jr)から7人、郷ノ浦中から1人が出場。男子Cクラス(小学校5、6年生)百㍍決勝で、壱岐Jrの福原悠吾(志原6年)が優勝した。

福原は予選1組で12秒77の自己ベストをマークし、予選トップで決勝に進出。決勝は12秒86と予選の記録はやや下回ったものの、2位の武本凰希(調川Jr6年)に0秒24差をつける圧勝となった。

福原は昨年、日清カップ第35回全国小学生陸上競技交流大会県予選の小学5年男子百㍍で優勝し、全国大会でも4位に入る活躍を見せた。今年は全国大会優勝を目指して練習を積んできたが、全国小学生交流大会は県予選、全国大会とも新型コロナウイルスの影響で中止となり、今大会が小学生短距離では唯一の公式大会だった。小学校での全国制覇の夢は不運にも叶わなかったが、中学生になる来年以降の活躍が大いに楽しみになってきた。

【成績】▽男子Cクラス百㍍決勝 ①福原悠吾(壱岐Jr6年)12秒86▽男子Dクラス百㍍決勝 ⑤加勢田隆希(壱岐Jr4年)15秒60▽男子Cクラス4×百㍍リレー決勝 ⑥壱岐Jr(加勢田莉空、竹下瑛汰郎、松本侑志、福原悠吾)56秒79▽女子Cクラス走り幅跳び決勝 ⑧岩本栞(壱岐Jr6年)3㍍75

関連記事

  1. お宝通り命名 お宝地蔵大祭
  2. 八幡が優勝、準優勝は那賀 第5回壱岐友杯少年軟式野球
  3. 小中学生絵画展 小金丸記念館
  4. スポーツ生中継も視野 ケーブルテレビ審議会
  5. 渡良Aが16年ぶり優勝 好記録続出の小学生駅伝
  6. 樋渡啓祐元武雄市長が壱岐で初講演 地方創生の秘訣を披露
  7. 壱岐SSCが両クラス制覇 JC旗佐世保地区少年サッカー
  8. 市民病院外科常勤医が不在 緊急手術はヘリ搬送で対応

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP