地域情報

ランドセルカバー。商工会青年部が贈呈。

市商工会青年部(米倉真吾部長)は13日に芦辺庁舎市教育長室で、令和2年度市内各小学校へ入学する全児童(約240人)に、黄色のランドセルカバー250枚を贈呈。久保田良和教育長に手渡した。

ランドセルカバーは目立つ鮮やかな黄色の素材に、キリン、パンダ、ゾウ、コアラなどの動物たちのキャラクターが横断歩道を渡るイラストが描かれている。市への贈呈は4町合併後、毎年続けている。

米倉部長は「ランドセルカバーをつけてくれている子どもを見ると、贈呈を続けてきて良かったと思う。今後も子どもたちが安心して通学できるように活用してもらいたい。地域みんなで子どもたちを守る意識が芽生え、安全安心な町づくりに役立ててくれたら嬉しい」と話した。

久保田教育長は「全18校で入学式に配布する。厳しい予算の中、毎年贈って頂き、とても感謝している。子どもたちにとってこのランドセルカバーは大きな力で見守られていることを示している。遠くからでも1年生が通学していることが確認できるので、みんなが見守っていて、壱岐では通学路での声掛け事案が少ない」とランドセルカバーの効果を語り、謝意を述べた。

関連記事

  1. 瀬戸地域まちづくり協議会。三島地区に続き開所式。
  2. 泥だらけでも笑顔と白い歯 霞翠小どろリンピック
  3. 「警察から前副市長らに措置ない」、不正入札疑惑に白川市長が言及。…
  4. 郷ノ浦が競り勝つ 市中学ソフトボール
  5. 大阪で壱岐をPR。プレミアムマルシェ
  6. 春の風物詩 賑わう瀬戸市
  7. 「九州探検隊」アンバサダー。博多大丸と認定証締結。
  8. 海・陸料理が大集合 地域おこし協力隊が発案

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP