地域情報

ランドセルカバー。商工会青年部が贈呈。

市商工会青年部(米倉真吾部長)は13日に芦辺庁舎市教育長室で、令和2年度市内各小学校へ入学する全児童(約240人)に、黄色のランドセルカバー250枚を贈呈。久保田良和教育長に手渡した。

ランドセルカバーは目立つ鮮やかな黄色の素材に、キリン、パンダ、ゾウ、コアラなどの動物たちのキャラクターが横断歩道を渡るイラストが描かれている。市への贈呈は4町合併後、毎年続けている。

米倉部長は「ランドセルカバーをつけてくれている子どもを見ると、贈呈を続けてきて良かったと思う。今後も子どもたちが安心して通学できるように活用してもらいたい。地域みんなで子どもたちを守る意識が芽生え、安全安心な町づくりに役立ててくれたら嬉しい」と話した。

久保田教育長は「全18校で入学式に配布する。厳しい予算の中、毎年贈って頂き、とても感謝している。子どもたちにとってこのランドセルカバーは大きな力で見守られていることを示している。遠くからでも1年生が通学していることが確認できるので、みんなが見守っていて、壱岐では通学路での声掛け事案が少ない」とランドセルカバーの効果を語り、謝意を述べた。

関連記事

  1. 市内で作品展示。長崎しまの芸術祭
  2. 新共乾施設が完成 総工費は5億円超
  3. 下條雄太郎が両高校に寄付「壱岐の高校生に夢の実現を」
  4. ユニークな婚活取り組み。アワードで本市を表彰。
  5. 壱岐勢W初戦突破 高校野球選手権   長崎県大会 奇跡の逆転劇 …
  6. 総合戦略骨子案を検討 人口減少対策会議
  7. クジラが定置網に 郷ノ浦漁協
  8. JF発着所、旧フェリー岸壁へ。地方港湾審議会が可決。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP