社説

イルカ以外の魅力探求を。

リニューアルオープンしたばかりの壱岐イルカパークで3日、イルカ1頭が死亡した。外傷、誤飲をした形跡はなく、現在、詳しい病理検査をしている。悲しい出来事ではあったが、生き物を飼っている限り、このようなことは日常的に起こりうることだ。

水族館では、2010年に新潟県のマリンピア日本海の日本最大級の大水槽で、イワシなど40種類8千匹の魚が全滅した。水を消毒するための投薬の直後に起こったが、詳しい原因は判っていない。14~15年には東京・葛西臨海水族園でクロマグロが次々に死亡し、ほぼ全滅した。ウイルス感染が原因で方向感覚を失い、壁に激突したことが原因だと言われている。17年には横浜・八景島シーパラダイスで深海生物が大量死、東京・サンシャイン水族館でも大水槽の魚が大量死した。動物園でも、札幌・円山動物園では15年にコツメカワウソ、マレーグマ、グラントシマウマ、マサイキリンなどが様々な原因で相次ぎ死亡した。英国のサウスレークス・サファリ動物園では4年間に5百匹が死亡したこともあった。

管理不備が原因と非難されることもあるが、ペットと違って野生動物を飼育するということは、まだ判らないことだらけで、何が起こっても不思議ではない。水族館、動物園は運営リスクの高いアミューズメント施設だと言えるだろう。

壱岐イルカパークは、これまでのイルカだけに頼っていた運営から、飲食提供や串山キャンプ場を含めた総合レジャー施設として生まれ変わり、イルカへの負担を減らそうとしている。その方針は、常にリスクを抱えている動物園・水族館の共通した方向性だと言える。だが5頭いたイルカが4頭になってしまい、新たなイルカの導入は早くても今秋、遅ければ来春になる。それまでの間、イルカ以外の部分で施設の魅力を保つには、現状のサービスではまだ不足している。それは指定管理者だけでなく、市も真剣に考えていかねばならない問題だ。

関連記事

  1. 壱岐の外国人誘致は何処へ。
  2. 社説・建て替え後の芦辺中跡地に物産館を
  3. 観光客の立場に立ったブランを
  4. 壱岐にスマートシティを
  5. UIターン者の立場で施策を
  6. 社説・国境離島新法は市民提案が不可欠
  7. 5G時代見越した政策を。
  8. 意味不明な庁舎建設アンケート

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP