地域情報

台湾人留学生ポンさん、本市で就業体験。

市がインターンシップ(就業体験)として受け入れている法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント研究科1年の台湾人留学生、ポン・イエン・ウェイさん(26)が1月21日、白川博一市長を表敬訪問した。

市と法政大は平成27年度からインターンシップの受け入れ協定を結んでおり、ポンさんは4人目。1月21日から2月17日まで市観光連盟、市地域振興推進課、市政策企画課でインバウンド推進業務などに取り組んでいる。ポンさんは「いまは東京に住んでいるが、生まれ育ったのは壱岐のような台湾の小さな町。都会と違う生活から、いろいろなことを学びたい」と話した。猿岩、鬼の足跡、月読神社など壱岐の名所を回り「台湾の寺院は色遣いや飾りが派手だが、壱岐の神社は見た目が素朴で興味深い。観光パンフレットやホームページの台湾版を作成して、壱岐の名所などを台湾に紹介していきたい」と業務への意欲を語った。

白川市長は「短い期間だが、壱岐の自然、食、歴史を満喫してもらいたい」と歓迎した。

関連記事

  1. 中小企業庁が重家酒造選定。はばたく中小企業300社
  2. 1000個の宝で町おこし 壱岐の新たな魅力を発掘
  3. 長岡秀星さん最古の作品発見 高校同級生・篠崎さんが寄贈 7日まで…
  4. 最優秀賞に高松さん、牧山さん。しまごと芸術祭絵画・写真展
  5. 白川市政4期目スタート。訓示式で職員にげき飛ばす。
  6. 4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。
  7. 勝本小近くで道路陥没。芦辺で観測史上最大降水量。
  8. 色とりどりの「さつき展」芦辺町文化協会盆栽部 

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP