地域情報

タブレット導入を検討 ICT推進特別委

市議会ICT推進特別委員会(中田恭一委員長)が5日、市議会第2会議室で開かれ、市議会へのタブレット端末導入について話し合いが行われた。
同委員会は7月29日に福岡市で開かれたタブレット端末ICT推進セミナーに参加、同30日はタブレット導入の先進地区である福岡県嘉麻市議会の視察を行った。
両日の行政視察報告として、タブレット選びに関しては

①ipad Air2

②LTEモデルをキャリアから購入

③紛失・盗難対策の補償サービスに加入

④初期設定や操作研修などのサポートを受けること、などが望ましい。

 

嘉麻市議会視察に関しては、タブレット端末及び文書共有システムの導入により、スムーズな議会運営とすぐれた文書管理に加えてペーパーレス化も図られた、などが報告された。
委員からは「導入に当たり、市執行部もLTEモデルにした方がよりタブレット端末の利活用が図られるのではないか」との意見が出たが、眞鍋陽晃総務部長は「予算の問題もある」と慎重な姿勢を示した。
同委員会は9月会議でタプレット端末導入のための補正予算を計上する方針を示した。

 

関連記事

  1. ねんりんピックまで1年 カウントダウンボード設置
  2. 17日間の中国語研修から帰国 壱岐高東アジア・中国語コース14人…
  3. 市民病院外科常勤医が不在 緊急手術はヘリ搬送で対応
  4. ランドセルカバー。商工会青年部が贈呈。
  5. ATR機が壱岐路線に定期就航 7月中は2日に1便程度運航 出発時…
  6. 全国大会向け練習終盤 壱岐商壱州荒海太鼓部
  7. 初の合同企業説明会 5企業が参加
  8. 4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP