地域情報

壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は7日から、クラフトジン「KAGURA(神楽)」(40度、700㍉㍑)の販売を始めた。

ブルーのグラデーションを施したボトルに壱岐神楽のイラストが印象的なデザイン。麦焼酎をベースにイチゴやユズ、ハチミツ、ウニの殻、温泉成分など壱岐産のボタニカルを使って造られ、イチゴのフルーティな香りがある一方、味わいは柑橘系のキレや木の芽やモリンガのスパイシーさを楽しめるジンに仕上がっている。

石橋代表(48)は「研究機関の試作段階では香りがおとなしかったが、その後試行錯誤した結果、いいジンに出来上がりました。ソーダ割りがお勧めです」と話した。

島内酒屋で限定2百本の販売。価格は2750円(税込み)。次回の販売は来春を予定している。

関連記事

  1. 壱岐市とウエスレヤン大学、包括連携協定を締結。
  2. ドイツ人が壱岐体験。日独スポーツ少年団同時交流事業。
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明…
  4. 県立大が離島フィールドワーク 来夏に学生150人以上が来島 包括…
  5. 下條雄太郎が両高校に寄付「壱岐の高校生に夢の実現を」
  6. 中学生が平和宣言。壱岐市戦没者追悼式
  7. 小島神社周辺などを清掃 内海湾振興会、氏子ら60人
  8. 団員に3つの誓い。交通少年団入団式

おすすめ記事

  1. 環境大臣表彰を市長に報告 市地球温暖化防止対策協議会 地域環境保全功労者表彰受賞
  2. 7月1日壱岐焼酎の日 一斉に乾杯イベント
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明

歴史・自然

PAGE TOP