スポーツ

県ねんりんピック マラソンで金2つ

第12回長崎県ねんりんピックスポーツ交流大会が9日、長崎市などで17種目が行われ、壱岐市から選手役員81人、福祉事務所関係者4人の計85人が参加した。
マラソン女子60歳代(5㌔)は松山サチ子さんが27分20秒で、昨年に続いて連覇を達成。同男子60歳代も岳野照雄さんが41分12秒で優勝し、昨年2位の雪辱を晴らした。
わのわリングは壱岐チーム(今西國善、町田泰司、松嶋幸弘、牧山健一)が2位、ソフトテニス混合ダブルス(男子70歳、女子60歳以上)は深見雅有・土谷悦代ペアが3位となった。
山口県で開催される第28回全国健康福祉祭(10月17~20日)の派遣選手は6月16日に行う選考会議で決定する。

 

関連記事

  1. 5年間で実質13人削減 市定員適正化計画
  2. 栽培漁業に新たな可能性
  3. 市中体連相撲・陸上成績一覧
  4. 鼓笛隊セット贈呈式 郷ノ浦幼稚園
  5. 国体を盛り上げよう 壱岐を元気にする会
  6. 壱岐署で武道始め 柔道・剣道で汗
  7. 那賀が2大会連続優勝 少年軟式野球学童選手権
  8. 壱岐高ヒューマンハート部でSクラブ入会式

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP