地域情報

子牛平均価格82万3千円 11市場連続の歴代最高更新

JA壱岐市の定例6月子牛市が1、2日の2日間、芦辺町の家畜市場で開催され、平均価格は82万3040円を記録。歴代最高だった前回の4月市場から2・5%、約2万円上昇した。平均価格は平成26年10月市場から11市場連続で歴代最高価格を更新し続けており、この3年間で30万円以上も高騰したことになる。
入場頭数は704頭で前回より40頭少なく、取引頭数は703頭。販売総額は約5億7860万円で、前回より約1600万円の減少。去勢の平均は87万7834円、牝の平均は75万7458円。最高価格牛は歴代最高の138万4560円(税抜128万2千円)だった。
JA壱岐市・川﨑裕司組合長は「全国的には高値がやや頭打ちになっていたので心配もあったが、壱岐はまだ大丈夫だった。牛の出来の良さが価格を支えてくれた。入場頭数も何とか700頭台を保つことができた。この価格をベースに、7千頭達成へ向けた増頭対策に取り組んでいきたい」と話した。
平戸口、宮崎中央、熊本などの各市場でも平均価格は81~83万円台で落ち着きを見せつつあり、壱岐家畜市場の和牛バブルも次回の8月市場から安定していきそうだ。
また3日に行われた成牛市は169頭が入場し、全頭取引成立。販売総額1億2311万7840円、平均価格72万8508円とも、前回市場を大幅に上回った。

 

関連記事

  1. 航空路島民割引新運賃は壱岐~長崎片道4800円。
  2. 人口2万7103人 5年で2274人減少
  3. 悲願の国境離島新法が成立 壱岐地域5島も特定地域に指定
  4. ウクライナ支援金を寄付 九電、九電工両労組
  5. 山口幹雄賞に工芸・梶田さん。第61回市美術展覧会
  6. 壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。
  7. 辰ノ島遊覧に新船 市議会11月会議
  8. ひょうたん形土器を比較展示 一支国博物館常設展示室

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP