スポーツ

SG制覇へ向け地元壮行会 ボートレース・下條雄太郎

5月4~9日の大村・九州スポーツ杯で通算9回目の優勝を飾り、12~17日の大村・GⅠ海の王者決定戦でも優勝戦で3着と好成績を残した勝本町出身のボートレーサー・下條雄太郎(30)が、19日に勝本町の実家で、24日からの尼崎・SG第43回ボートレースオールスターなど、今後続く大レースへ向けての壮行会を開いた。
父親の下條秀樹さんは「デビューして11年、大きな事故もなく順調に成績を伸ばし、いまや長崎県を代表する選手になってくれた。これから7月まで、オールスター、グランドチャンピオン、オーシャンカップとボートレース界を代表するビッグレースが続き、いずれも出走できることになった。ここまで来られたのは横断幕を作成して応援してくれた地元の皆さんのおかげ。次はSG(ボートレース界の最高峰であるスペシャル・グレード競走)制覇の祝勝パーティーを開きたい」と集まった地元市民ら30人に謝辞を述べた。
下條は「海の王者決定戦は、準優戦でミスをして、優勝戦の枠順が悪くなってしまった。優勝戦も不満の残るレースだった。昨年8月のSGボートレースメモリアルで優勝戦に乗ることができ、SGでもやれる自信がつき、気持ちに余裕が持てるようになった。11月には地元・大村でSGチャレンジカップが行われるので、そこで優勝することを目標に、今後のレースを戦っていきたい」と悲願のSG制覇へ向けて胸を張った。
壮行会にはCS放送でボートレース専門で放送しているJLC日本レジャーチャンネルのクルーも取材に訪れ、下條を応援する地元の盛り上がりぶりが7月7日の番組で紹介される。

 

関連記事

  1. 竹下紘夢が県中学新記録樹立。県記録会男子四百㍍で49秒54。
  2. 上空30㍍から吊り上げ 防災ヘリで救助訓練
  3. 焼酎イベント相次ぎ開催 ごっとりまつりに190人
  4. 県ねんりんピック マラソンで金2つ
  5. 資源回復には産卵期漁獲規制を 市マグロ資源を考える会総会
  6. 豊永優(渡良出身)が故郷に錦 王者・群馬に惜敗も3安打投球 長崎…
  7. 田中、野村の諫早が完全優勝 女子・壱岐は健闘6位入賞 県高校駅伝…
  8. 郷ノ浦は65人出席 自治公民館長会議

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP