スポーツ

壱岐商野球部、6人が体験入部し9人揃う。秋季大会出場へ向け練習開始。

3年生が引退し部員が3人だけになってしまい、単独チームでの対外試合出場が危ぶまれていた壱岐商業高校野球部に、新たに6人の入部希望者が現れた。現時点では夏休み期間の「体験入部」だが、このまま順調に正式入部を果たせば、9月15日に開幕する第143回九州高校野球県予選佐世保地区大会(秋季大会)=選手資格登録締め切りは9月11日=への出場が可能となる。1976年の創部以来、公式戦に出場を続けてきた同部の伝統を守り抜くため、猛暑の中、9人は基礎からの練習に熱心に取り組んでいる。

8日に行われた第100回全国高校野球選手権記念長崎大会1回戦で、長崎工に0‐6で敗れた壱岐商は、ベンチ入り選手が3年生8人、2年生3人の計11人しかいなかった。3年生はこの大会で引退したため、新チームに残った部員は2年生の増田圭汰主将、森岡智哉さん、山川恭平さんの3人だけになってしまった。これまでも4月入学の1年生に入部勧誘は行ってきたが、中学の離島甲子園選抜メンバーが揃って壱岐高校に進学したことなどもあり、入部希望者は現れなかった。

だが秋季大会まで残り2か月となり何とか公式戦出場を続けたいと、今年4月から赴任した長崎西高野球部出身の皆良田一輝部長、波佐見高野球部主将だった宮原明寛監督、そして3人の部員が大会直後からさらに勧誘の力を強めた。増田主将は「公式戦出場という先輩たちがずっと守り続けてきた伝統を、僕たちが途絶えさせるわけにはいかなかった。小中学校での野球経験者に、かたっぱしから『いま入ればレギュラー間違いなしだよ』などと口説いた。先生やみんなの協力もあって、大会から戻って5日間で6人を何とか集めることができた」と白い歯を見せた。13日に全員でミーティングを行い、17日から9人での全体練習がスタートした。

体験入部を希望した6人は2年生5人と1年生1人。このうち5人は野球経験者で、情報メディア部、報道部など文科系クラブから転部したり、運動系クラブを退部して帰宅部だった生徒もいる。皆良田部長は「運動をしていなかった子が多いので、まずは練習を乗り切る体力をつけることが必要。厳しいだけでなく、楽しさもなければ続けてもらえないので、バッティング練習にも時間を割いて、夏休み中に何とか基礎を身に付けてもらいたい」と練習2日目の18日にはトスバッティングに練習時間の大半を割いた。打球がどこに飛ぶか判らず、トスをする先輩たちは怖々の様子だったが、それでも9人に笑顔が絶えなかった。

増田主将は「技術的にはまだまだだが、みんなが明るい表情で練習してくれているのでひと安心している。とにかく1人も脱落者を出さずに秋季大会に出場して、コールド負けではなく9回まで試合をすることが目標。9人で懸命に公式戦を戦っている姿を見せることで、来年の1年生の入部にもつながるはず」と期待を込めた。要となる捕手経験者がいないこと、1人でもけがをしたら出場できず、試合中なら選手不足で没収試合になってしまうなど、今後の課題や乗り越えなくてはならない問題も多いが、全員レギュラーの壱岐商野球部は、身上の「全員野球」で秋季大会に挑む。

関連記事

  1. 女子バスケットのトップチーム「三菱電機コアラーズ」が壱岐合宿。
  2. 七蔵めぐりに200人 肴は郷土料理
  3. 新市庁舎建設案を市民に説明 勝本30人、芦辺22人の参加 質疑応…
  4. 豪快にマグロ解体ショー 博物館など開館5周年イベント
  5. 松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。
  6. 中村知事“一回り”見て判断 県病院企業団への加入時期 市長要望に…
  7. 夏の高校野球 壱岐商3回戦
  8. 一支国王都復元公園周回駅伝

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP