スポーツ

勝本が完封勝ちで優勝。市長旗争奪中学軟式野球。

第14回市長旗中学生軟式野球大会(市軟式野球連盟主催)が22、23日に芦辺・ふれあい広場などで行われ、市内4チーム、島外県内6チーム、県外2チームの計12チームが出場。トーナメントで競った。
勝本は1回戦で山澄(佐世保市)に11‐0、2回戦で厳原(対馬市)に8‐0と圧勝。準決勝は芦辺と地元対決になったが、1点ビハインドの7回裏に小畑優人(1年)の2点タイムリーで逆転サヨナラ勝ち。決勝に進出した。

雞知(対馬市)との対戦となった決勝は引き締まった投手戦となった。勝本先発の小松紘隼(2年)、鶏知先発の山田の両投手の好投とバックの堅実な守備で、4回までは互いに無得点。
勝本は5回裏、先頭の小畑優が中前打で出塁すると、横山楓(2年)がきっちりと送りバントを成功。小松が左前打で1死一三塁のチャンスに、岩本瑞生(2年)のサードゴロの間に三塁走者・小畑優がホームイン。貴重な1点を先制した。

小松は6、7回を三者凡退に抑え、7回を5安打無四球で完封した。小松は「コントロールには自信があったので、ストライク先行でリズム良く投げることができた。バックの守備に助けられた」と再三の好プレーを見せたセカンドの吉田圭吾(2年)、サードの横山、捕手の小畑優らに感謝した。

長山博夢キャプテンは「1、2回戦で序盤から得点を重ねられたこと、準決勝の逆転サヨナラ勝ちで勢いに乗れた。これまで集中力が続かないで敗れたこともあったが、きょうはみんなで声を掛け合って、最後まで集中できた。地元の大きな大会で優勝できてホッとしている」と話した。

【成績】▽1回戦 川棚(東彼杵郡)7‐2石田、竹友会ドラゴンズ(飯塚市)3‐2郷ノ浦、勝本11‐0山澄(佐世保市)、芦辺3‐1崎辺(佐世保市)▽2回戦 広田(佐世保市)5‐3川棚、雞知(対馬市)3‐0竹友会、勝本8‐0厳原(対馬市)、芦辺1‐0田川ベースボールクラブ(田川郡)

▽準決勝
広田0000000-0
雞知000010X-1
芦辺1000000-1
勝本0000002X-2
▽決勝
雞知0000000-0
勝本000010X-1

完封勝ちした勝本・小松投手

先制ホームで「セーフ」ポーズの小畑優

関連記事

  1. 玄海酒造TC決勝進出ならず 全日本綱引選手権大会
  2. 男子・盈科、女子・柳田 ミニバスケ県大会に出場
  3. 超人たちが壱岐路を疾走。第4回壱岐ウルトラマラソン
  4. 大規模災害時に協力 測量設計コンサルタンツ協会
  5. ダーツで健康に 広島県立大研究者ら実証実験
  6. 壱岐少年SSCが準優勝 全国大会出場にあと一歩
  7. 大牟田・江口(石田中出身)が快走 福岡県高校駅伝大会
  8. 渡野幹大が都大路を疾走。全国高校駅伝鎮西学院3区。

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP