地域情報

6市場連続の歴代最高 平均価格69万6577円

JA壱岐市の定例10月子牛市が1、2日の2日間、芦辺町の家畜市場で開催され、平均価格は69万6577円を記録。歴代最高だった前回の8月市場で記録した68万1279円から2・3%増、約1万5千円上回った。歴代最高記録の更新は昨年12月市場から6市場連続となった。
入場頭数は前回から5頭増の617頭で、615頭が取引成立。取引総額は約4億2840万円で、前回より約1145万円増加した。平均価格は牝が前回より約4千円高い64万1671円、去勢が同1万4千円高い73万2443円だった。
種雄牛別では、平茂晴が牝94頭で平均63万4833円、去勢137頭で平均74万6272円と取引頭数で全体の37・6%を占めた。平均価格で金太郎3は去勢21頭で77万4874円と高額取引が目立った。
 

関連記事

  1. 白川市長資産公開 給与所得1031万円
  2. 「壱岐のこころ」が受賞。長崎県福祉のまちづくり賞。
  3. ギネス世界記録達成 555人が壱岐牛リレー
  4. 兵庫県朝来市と調印 パートナーシップ宣言
  5. 建設候補地は明言せず 庁舎建設検討委員会
  6. 345人が熱戦。校内百人一首大会
  7. 筒城浜で花嫁姿撮影 香港から招致活動
  8. 「壱岐なみらい創りプロジェクト」開始 子どもたちが未来像を描く

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP