地域情報

湯ノ本温泉成分石けんに ACB工房が販売開始

 芦辺浦のACB工房は、壱岐湯ノ本温泉の成分を使用した手作り石けん「ゆのもと石けん」(約95㌘、税込1980円)の販売を始めた。同工房のほか、壱岐リトリート海里村上と平山旅館で販売している。
石けんには、湯ノ本温泉の源泉近くからとれる鉄成分を使用。天然の保湿成分を石けんの中に閉じ込めることができる「コールドプロセス製法」で30日以上かけて熟成させたこだわりの商品で、洗いあがりはしっとり、そしてウッディでスパイシーな香りに仕上げ、リラックス効果が期待できるという。マーブル柄は温泉の鉄分由来の模様で、全て違う柄となっている。
開発した同工房の草野みゆきさん(57)は、毎日のように入りに行くほどの湯ノ本温泉愛好者。湯ノ本温泉を石けんに使えないか考えていたところ、温泉ソムリエの講習会で鉄成分の存在を知り、3年かけて製品化した。同工房は壱岐の素材を使った石けんを複数開発中で「壱州とうふ石けん」などの販売も予定している。

関連記事

  1. 複業アドバイザー5人が就任 DX、ワーケーション等に助言
  2. 中国語コンテスト暗誦部門で7連覇 壱岐高の離島留学生
  3. 新共乾施設が完成 総工費は5億円超
  4. 松本泰晟さんが全国2冠 中国語コンテストで壱岐高勢大活躍
  5. 病人搬送に4席分運賃徴収、九州郵船の改定に非難。市航路対策協議会…
  6. ツルの北帰行始まる。山崎地区に約50羽の群れ。
  7. シェアして応募 協力隊がキャンペーン
  8. 草合さんに緑十字金章 多年にわたり交通安全活動

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP