スポーツ

元日本代表 櫻井さんと冨士田さん 田河小などでバレーボール教室

 「V・明日夢プロジェクト壱岐市バレーボール教室」が17~18日、田河小学校体育館などで行われ、元日本代表の櫻井由香さん(49)と冨士田裕大さん(34)が子どもたちに指導した。
同プロジェクトは、バレーボールのVリーグ機構が中心となって行う社会貢献活動の一環で、元Vリーガーが全国各地でバレーボールの普及、広報活動を行っている。
今回は、保護者の一人、齋藤正太郎さん(36)が子どもたちの思い出づくりとバレーボールの普及拡大を願ってVリーグ機構に開催を問い合わせたところ、すぐに櫻井さんから電話があり、開催が実現したという。
初日の17日午前は田河小体育館であり、同校の男女各クラブのほか、他校児童の飛び入りもあり約50人が参加。準備体操からサーブ、オーバーパス、レシーブなどの実践的な技術を学んだ。
櫻井さんはレシーブの練習で「腕を滑り込ませると逆回転がかかりボールが上にあがる」とアドバイス。また、スパイクの練習では冨士田さん「間違ったフォームでいくら打ってもうまくならない。自分自身に問いかけながら打つことが大事。自分から叩きにいくイメージ」と指導していた。
最後に櫻井さんは「皆さんには可能性がすごくある。自分を信じて頑張ってほしい」、冨士田さんは「毎日の積み重ねが大事。頭を使いながら練習してほしい」とエールを送った。
田河男子バレーボールクラブの岡田旭生キャプテンは(5年)は「『自分を信じて』という言葉が印象的でこれからも続けたい。レシーブが苦手なので腕を振らずに脚を動かして拾うということを心掛けていきたい」と話した。

関連記事

  1. タウンミーティングで意見交換 V・ファーレンが地域活動検討
  2. 九州プロレス見参 志原地区納涼祭
  3. 松本汰壱(郷ノ浦)が優勝 陸上新人戦1年男子走幅跳
  4. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  5. 豪快にマグロ解体ショー 博物館など開館5周年イベント
  6. ゲートボール県選手権大会 壱岐郷ノ浦同好会が準優勝
  7. 壱岐から岩井さんが初出場 身体障害者野球大会
  8. 予選リーグで全国2勝 三島Jrバレーボール

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP