スポーツ

豊永優(渡良出身)が故郷に錦 王者・群馬に惜敗も3安打投球 長崎国体 ソフトボール

ソフト長崎(強敵・群馬相手に圧巻の投球を見せた豊永)本市で初の国体開催となる「長崎がんばらんば国体」成年女子ソフトボール競技会が18~20日、大谷公園ソフトボール球場、ふれあい広場多目的広場で行われた。自転車・ロードレースは台風19号の接近で中止となったが、ソフトボールは期間中、連日の好天に恵まれ、多くの市民が目の前で展開されるトッププレーヤー同士の戦いに酔いしれた。長崎県は1回戦で最強軍団・群馬県と対戦。本市出身の豊永優投手(IPU環太平洋大学4年)が先発し、6回4安打2失点の好投を見せたが、惜しくも1‐2で敗退した。(決勝戦記事、全試合成績は2面に掲載)
▽1回戦
長 崎
0000010-1
000200X-2
群 馬
身長178㌢の豊永が、2~5番に8月のオランダ世界選手権・金メダリストがズラリと並ぶ最強打線の群馬相手に、マウンドで仁王立ちした。
その2~5番の4選手には1安打。ジャストミートされたのは6回中野の中前打1本だけ。持ち前のパワーと地元でマウンドに上がったプライドをぶつけ、群馬打線をわずか4安打にねじ伏せた。
惜しまれるのは0‐0で迎えた4回裏。四球とエラーで1死二、三塁のピンチに、6番中野に対して内角高めに力のあるストレートを思い切り投げ込んだ。当たりはどん詰まりだったが、フラフラと上った打球はレフトとショートの中間に落ちるポテンヒット。先制点を許した。さらに7番大久保に犠飛を打たれて計2失点を喫した。

ソフト長崎(4回、大久保の犠飛で峰がホームイン)
長崎打線は再三チャンスを作ったが、あと1本が出ない。6回1死二、三塁からワイルドピッチで1点を返したが、後続が投ゴロ、一邪飛。群馬の2倍の6安打を放ったが、三塁走者を4度までも、本塁に返すことができなかった。
それでもナインには笑顔が絶えなかった。豊永は「世界選手権をテレビで観ていたので、最初は緊張で手がブルブル震えていました。でもその打線を相手に、計画通りにひと回りは無失点に抑えられたことは、今後の大きな自信につながりました」と胸を張った。
故郷・壱岐でマウンドに立った充実感にも満ちていた。「壱岐高の時から、この国体で投げることを夢見ていました。それが実現できたことは、本当に幸せです。渡良小の後輩たちが応援に来てくれて、横断幕まで作ってくれた。その後押しがあったから、良いピッチングができたのだと思います」。ゲーム後は1人、渡良小応援団が陣取るライトスタンドまで走って行き、後輩たちに感謝の言葉を掛けた。
渡良ジュニアソフトボールクラブの竹下大貴主将(6年)は「本当にすごかった。キャッチャーの構えたところに、きちんとコントロールされていたのが印象的でした。僕もいつか、国体でプレーしてみたい」と先輩の姿をまぶしそうに見つめていた。
豊永の投球は宇津木妙子日本代表元監督も「体に恵まれているので、球に力がある。みんなパワーに押されて詰まっていた」と絶賛。この大会を最後に監督を引退する竹森聖治監督(59)も「2年連続日本一のチーム相手に、臆することなく投げていた。順調に成長しているのを感じた。おかげで最後に良いゲームができました」と豊永に感謝した。
大学卒業後はNECに就職し、来年から日本リーグ1部に昇格するNECアクセステクニカでソフトボールを続ける予定。2020年東京五輪でソフトボールが復活し、そのマウンドに豊永が立つ歴史的な瞬間を、壱岐市民は目撃できるかもしれない。

ソフト長崎(スタンドの声援に応える長崎チーム)

 

関連記事

  1. 壱岐ー福岡ヨットレース。32艇出走も微風で不成立。
  2. 箱ものへの嫌悪感ぬぐえず 庁舎建設住民投票を考える
  3. 壱岐商勢決勝進めず 陸上県高校選手権
  4. U-12サッカー佐世保市予選 壱岐SSCが首位
  5. 松本汰壱(郷ノ浦2年)が全国9位 ジュニア五輪男子走り幅跳び
  6. 仮装パレードに笑い 勝本港まつり
  7. 海難事故供養に卒業生が漕ぐ 勝本ペーロン大会
  8. 男女ともに3連覇達成 男子・郷ノ浦A、女子・芦辺A 市中体連 駅…

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP