友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20228/29

半城湾の陸上いけすにサンゴ 未解明の産卵示す裏付けか

郷ノ浦町半城湾のほとりにある陸上いけすの底に、サンゴが生息した痕跡が確認された。所有者の男性が一時的にいけすを使わなくなったことから海水を抜いたところ、後日、底の一部に複数のサンゴが見つかった。すでに死んで白化していたが、これまで壱岐海域でサンゴの産卵が確認されたことはなく、半城湾のサンゴが産卵した可能性が高いことを示す裏付けとなった。

国立環境研究所気候変動適応センター(茨城県つくば市)の山野博哉生物多様性領域長は「産卵しているということは、壱岐のサンゴがいわば自立していて、壱岐の今いるサンゴの保全が、壱岐でのサンゴの今後の生息に直結していることを意味する」と指摘している。

壱岐・対馬海域のサンゴ礁は世界最北限に位置し、壱岐海域には球体状の塊を形成するキクメイシ属を中心に約30種類のサンゴが確認されている。

山野領域長は「温帯域にいるサンゴは、水温が低いなどストレスが大きいので、産卵できているか未解明の部分が大きい。壱岐では産卵しているかどうか全くわからなかった。ひょっとしたら、南から流れてくる卵や幼生のみで維持されている可能性もあった」としている。

壱岐のサンゴは南方に比べ密度が低いのが特徴で、水温が低い中でエネルギーのほとんどを成長に使い「2千年以上ギリギリ生きている状態」(山野領域長)で世界的に珍しいとされている。

見つかったサンゴはキクメイシ科の複数の種類である可能性が高い。1畳ほどの広さのコンクリート製いけす3か所に計55体見つかった。最も大きいもので、直径7㌢、高さ2㌢で、定着してから7年ほど成長したものという。

いけすは、定期的にポンプで海水を入れ替える形式で、同湾のサンゴが産んだ卵をポンプが吸い上げ、壁面のコンクリートが卵が定着しやすい基盤だったことも生息に繋がったと考えられている。
「壱岐のサンゴ礁を護る会」の山川修会長は「産卵していることがまだ学術的に確定したわけではなく、今後も調査を続けていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20229/19

都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん

第36回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(12月25~28日、大阪市)に出場する県選抜選手に、郷ノ浦3年、松山凌大さんが選出された。本市…

20229/19

市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる

台風11号の強風で、郷ノ浦町平人触の市指定天然記念物「山川家のエノキ」が折れているのが見つかった。 所有者の男性が、6日朝に家周辺を見回っ…

20229/19

海を眺めて朝ごはん 市民ら壱岐の食材に舌鼓

勝本浦まちづくり協議会主催の「朝市であさごはん」が11日、黒瀬駐車場で開かれ、市民らが勝本湾を眺めながら朝食を楽しんだ。 朝市商店街の活性…

20229/12

庭園で偶然発見の「からわけ」 博物館講座で河合副館長が解説

一支国博物館の壱岐学講座が4日にあり、同館の河合恭典副館長が国津神社(郷ノ浦町渡良浦)で見つかった「かわらけ」(土師器)について話した。 …

ページ上部へ戻る