友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20227/4

障害ある人にもサービス提供へ 4日から壱岐イルカパーク&リゾート

壱岐イルカパーク&リゾートを運営するイキ・パーク・マネジメント(高田佳岳代表取締役)は4日から、これまで提供してきたイルカとのふれあい体験を、障害がある人でも体験できるようにする。サービス開始を前に6月23日、デモンストレーションイベントを開いた。

同パーク&リゾートは昨年12月、障害がある人と健常者が安心して楽しめるマリンスポーツ施設を運営する一般社団法人ゼログラヴィティ(鹿児島県大島郡瀬戸内町、河本雄太理事)と共にSDGs実現を目指すパートナーシップを締結。誰もが当たり前に楽しめるリゾートを目指して準備を進めてきた。

ゼログラヴィティは日本財団の補助事業「バリアフリーマリンレジャー事業」を活用して、各地のマリンレジャー施設の環境整備を行っている。イルカパークには車椅子の人でも使いやすいようシャワー室の段差をなくすなど改修。さらに各所にファスナーがあって誰でも着やすいウェットスーツと海中の電動推進機「水中スクーター」を寄贈している。

イベントでは、18歳の時のバイク事故で首を骨折し、手足が不自由になりながらも28歳の時に世界一周を達成した「車椅子トラベラー」の三代達也さん(33)=沖縄県糸満市在住=らを招いて実施。スタッフが補助しながら海に入り、イルカを間近に観賞。さらにイルカに触れたり水中スクーターを使ってイルカとの遊泳を楽しんだ。

三代さんはオーストラリアや沖縄でスキューバダイビングの経験もあるが「今まで人生でないくらいの経験だった。イルカと泳げるとは思っていなかった。ダイビングと違ってボンベを背負う必要もなくハードルが低い。イルカは壁越しに見るものと思っていたが、(同じ水中で)一緒になれた」と興奮した様子。大手旅行社のスペシャルサポーターとしてバリアフリー観光地のコンサルティングもしている三代さん。「これほどのコンテンツは日本中どこにもない。大自然の中で特別感もある」と太鼓判を押した。

体験者は水中の椅子に座り、脚を前に出す体勢になるなど、イルカにとってもこれまでと違う状況となったが、このプログラムに向け訓練してきたトレーナー5年目の上谷愛美さん(24)は「事前に予想はしていたが、脚が不自由な方にとって入水の難しさなどがわかった。生の声が聞けてよかった。これからもイルカと訓練を頑張りたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20228/8

「命つなげたい」 犬猫保護団体が初の譲渡会

犬、猫の殺処分ゼロを目指す有志の団体、壱岐島わんにゃんお守り隊299(松嶋純子会長ら20人)が7月31日、初めて保護猫の譲渡会を柳田地区公民…

20228/8

循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる

壱岐の未来について、実現したいことを話し合い具体化する「壱岐なみらい創りプロジェクトSDGs対話会」が、7月24日に壱岐の島ホールであった第…

20228/8

人面石クッキーに新味 夏季限定ミネラル5選

一支国博物館ミュージアムショップでは、7月15日からオリジナル商品「人面石クッキー ミネラル5選」を夏季限定販売している。各味1枚ずつ5枚入…

20228/1

バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル

芦辺町湯岳興触でバナナを栽培する株式会社コスモファーム(住吉節子代表取締役)は16日、観光農園「BANANA FARM IKI」をオープンさ…

ページ上部へ戻る