友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

202112/13

企業版ふるさと納税に感謝状 1千万円寄附のファウンテック

市はこのほど、企業版ふるさと納税として1千万円を市に寄附した株式会社ファウンテック(本社・東京、万谷正社長)に感謝状を贈った。市役所郷ノ浦庁舎であった贈呈式に万谷社長、万谷崇仁常務、篠﨑方哉総務部長が来島し出席した。

企業版ふるさと納税は企業を対象とした自治体への寄附に対する控除制度で、自治体が作成した地方創生に係る事業に対しての寄附に最大9割が控除される。返礼品はない。

同社は市東京事務所などと相談のうえ、寄附金の用途を藻場再生事業とし、8月25日に寄附を行った。本市の企業版ふるさと納税は同社が初となった。

白川博一市長は「万谷社長には東京壱岐雪州会の前会長としてウルトラマラソンの開催や昨年の台風被害での多額の寄附など、会社としても個人としても多大な尽力を頂いている。故郷・壱岐に対しての熱い思いに感謝の気持ちでいっぱいだ。SDGs14番目のゴールである『海の豊かさを守る』ため、いま力を入れている藻場回復に使わせて頂く」と感謝の言葉を述べた。

万谷社長は「企業版ふるさと納税については、市東京事務所の横山将司所長に聞いて、新型コロナで痛手を負っている故郷に、経済活性化の一助になればとの思いで寄附を決めた。ファウンテックは非鉄金属用溶湯処理剤(フラックス)の製造販売をしている会社で、日本のシェア75%を占め、幸いコロナ禍でも業績は好調だ。フラックスで精錬されたアルミニウムのリサイクル率は97%で、SDGsの理念は壱岐市と共通するものがある。コロナ前は毎年50人の社員を連れて壱岐に旅行するのが恒例となっていてみんな楽しみにしているが、この2年間は連れて来られなかった。来年5月には必ず来たい。東京で1人でも多くの人に壱岐をPRしていく」と今後も故郷・壱岐への支援を続けていく思いを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20226/27

ウクライナ支援金を寄付 九電、九電工両労組

九州電力労働組合福岡支部壱岐分会と九電工労働組合壱岐分会は14日、ウクライナ避難民への人道支援金10万5千円を、避難を支援している石田町在住…

20226/27

県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席

7月1日告示、10日投開票の長崎県議選壱岐選挙区補選(定数1)の立候補予定者説明会が17日に市役所郷ノ浦庁舎で行われ、市議の鵜瀬和博さん(5…

20226/27

竹下紘夢がインターハイ出場決定 男子四百㍍で4位、予選は47秒台 全国高校総体 北九州地区大会

第75回全国高校陸上競技対校選手権・北九州地区大会(インターハイ予選)が16~19日に佐賀県のSAGAスタジアムで開かれ、壱岐高校から4人が…

20226/20

陸生ヒメボタル 木陰でひっそり 限定的に生息 勝本町新城神社周辺

勝本町の新城神社周辺でヒメボタルが飛び、幻想的な景色を作り出している。 風物詩となっている市内各所で乱舞するホタルは、水生のゲンジボタ…

ページ上部へ戻る