友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20218/2

壱岐が2年連続ベスト8 壱岐商も小浜に善戦

43年ぶりベスト4を目指した壱岐は22日、準々決勝で海星と対戦。2‐12で5回コールド負けを喫したものの、昨夏に続き2年連続ベスト8に入った。

壱岐は1回表、1番吉田遥人(2年、勝本)が失策で出塁、2番辻村聖士(3年、石田)が送りバント、3番齋藤優輝(3年、芦辺)が左前打で1死一三塁とし、4番小畑仁誠(2年、石田)が犠牲フライを打ち上げ1点を先取した。小畑の兄は16年センバツ甲子園に海星の4番主将で出場した小畑翔大さんで、兄が在校した海星戦で意地を見せた。

だが2、3回戦を完封した先発・小嶋蒼(3年、石田)が海星打線に捕まる。1~3回にいずれもタイムリー長打を浴びて各1失点。4回からリリーフした赤木利玖(3年、石田)も4回に2ラン本塁打を喫した。

壱岐は5回表、無死満塁のチャンスをつかんだが、小畑のショートゴロ間の1点だけ。5回裏は赤木が制球に苦しみ失点を重ね、再び小嶋がマウンドに上がったが流れを止め切れず、無念のコールド負けとなった。

それでも2回戦で五島海陽に7‐0の7回コールド勝ち、3回戦はシード校の長崎日大相手に9番坂本夏唯(3年、郷ノ浦)のスクイズ、センター川上稜(2年、勝本)、セカンド永石帆楓(3年、石田)らのファインプレー連発、小嶋の粘り強い投球で2‐0と快勝し、壱岐の伝統である隙のない野球を大舞台で存分に発揮した。

壱岐商は2回戦で春季大会、NHK杯でともに準優勝した第3シード小浜と対戦。小浜のエース中野にノーヒットノーランを喫したものの、篠﨑柊太(3年、芦辺)が丁寧なピッチングで小浜打線を5安打7三振に抑え、守備陣も無失策で2‐0の僅差の勝負に持ち込んだ。部員不足で大会出場が危ぶまれた時期もあったが、今年は1年生が16人も加入。その1年生から4人がレギュラー出場し、今後に価値ある2回戦敗退となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

20221/17

「挑戦し続けます」 成人式で誓い新た

市成人式が9日、壱岐の島ホールであり、新成人の対象者261人のうち230人が出席。成人としての誓いを新たにした。 式では白川博一市長が…

20221/17

地鎮祭の跡も? 発掘現場で説明会 埋文センター

県埋蔵文化財センターはこのほど、本年度発掘調査現地説明会を原の辻遺跡北側の閨繰(みやくり)地区近くの調査現場で開いた。 市民約30人が…

20221/3

壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(71)と盈科小学校交通少年団のメンバーらが24日、壱岐警察署に手作りの門松1対を寄贈。玄関前に飾った。 …

ページ上部へ戻る