友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20216/28

母校壱岐高で中国語教える。上海大3年、百﨑さん非常勤講師に。

壱岐高校東アジア歴史・中国語コースで行われている中国語の授業に、同コースを卒業した百﨑琳恭(りく)さん(22)=石田中出身=が非常勤講師として教壇に立ち、生徒に中国語を教えている。

百﨑さんは現在、上海外国語大学国際経済貿易学部の3年生。昨年1月、新型コロナ感染症の拡大に伴い、やむなく帰国して以降、市内の自宅でオンライン授業を受けている。

壱岐高校では本年度、同様に上海から中国語教諭が来日できてないことから、帰国していた百﨑さんに非常勤講師を依頼。同校で中国語を教える深川文教諭のサポート役として、先月から全学年の中国語授業を担当し、語学だけでなく、上海での生活などの体験談を紹介したりしている。

16日午前にあった1年生12人の授業では、百﨑さんは単語の発音を教えたほか、生徒に「この服の色は何色ですか」「これ飲みますか」などと中国語で投げかけ、生徒も中国語で返していた。

深川教諭によると、中国語の発音や言い回しは教科書や辞書通りでないこともあり、細かい表現やニュアンスなどを〝本場仕込み〟の百﨑さんに確認することもあるそう。

学部内に日本人はほぼおらず、大学の講義や日々の生活など全て中国語を話して暮らしている百﨑さん。「コロナで(生徒が)上海研修に行けていないので、少しでも文化を知ってもらって進学に生かしてもらえたら。このコースに来てよかったと思って貰えればうれしい」と話した。百﨑さんは夏休みまでの1学期いっぱい、教壇に立つ予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る