友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

202012/21

「古代世界の中の壱岐」。博物館の特別企画展。

一支国博物館の第52回特別企画展「古代世界の中の壱岐」が4日に1階テーマ展示室で開幕した。来年1月20日まで。入場無料。

同展は博物館と市教委の共催で、これまで島内での発掘調査や資料が少なかった古墳時代後期から飛鳥・奈良・平安時代にスポットライトを当てた。平成28年度から令和2年度まで5年に渡って市教委が実施した調査資料を再整理し、国内外の交流・交易の中継地だった壱岐が、倭軍の最前線基地として性格を大きく変えていった様子などを、時代を追った展示で紹介している。

展示品数は約200点で、笹塚古墳から出土した国重要文化財「金銅製亀形飾金具」をはじめ、串山ミルメ浦遺跡出土の亀卜甲(巫女が占いで用いた道具)、壱岐国分寺出土の瓦、双六古墳出土の中国北斉製二彩陶器、鉢形嶺出土の弥勒如来坐像(複製品)など。市教委の田中聡一係長は「古代の壱岐、日本、中国大陸の年表を掲示しているので、展示物と見比べながら、壱岐の古代の目まぐるしい変化を感じてもらいたい」と話した。

来年1月16日に関連イベントとして特別講座「古代世界の中の壱岐」を開催。田中係長ら4人が講演する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20215/3

長岡秀星展Ⅱがスタート。壱岐育ちの世界的イラストレーター。

一支国博物館の第54回特別企画展「長岡秀星Ⅱ」が23日に同館1階テーマ展示室で始まった。同館での長岡秀星の作品展は2016年11月の「追悼展…

20215/3

5月末発売へ最終調整。壱岐の蔵酒造のクラフトジン。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は20日、温泉旅館壱岐リトリート海里村上(大田誠一総支配人)と共同開発しているクラフトジンの商品化に向け…

20215/3

JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。

JA壱岐市は初めてのオリジナルブランド商品「壱岐牛シリーズ」7商品を5月から販売する。 名門料理学校ル・コルドン・ブルー・パリで学び、…

20214/26

紫色あざやかに。弁天崎公園のフジが満開。

郷ノ浦町の弁天崎公園内のフジが見頃を迎え、公園をウォーキングする市民が足を止めて見入っている。公園中ほどに設けられたフジ棚から紫色の花を無数…

ページ上部へ戻る