友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

202011/23

海岸を薄紫に彩る。ハマベノギクとダルマギク。

八幡半島の外海に面した海岸沿いに、ハマベノギクとダルマギクが花を開き、海岸を彩っている。いずれも壱岐対馬国定公園特別地域内指定植物に指定されている。花の見た目はほぼ同じで見分けは難しいが、白い毛が葉や茎を覆う方がダルマギク。
海岸に吹き付ける強風に耐えるため、いずれも葉は厚いが、薄紫色の花が海の青色に映え、観光客らの目をひいている。同半島のほか、勝本町の天ヶ原グラウンド近くの海岸でも群生している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20227/4

賛成多数で可決 認定こども園補助金

市議会定例会6月会議は6月23日に最終本会議を開き、総額約4億円の本年度一般会計補正予算案など議案3件を可決し散会した。 郷ノ浦町柳田地区…

20227/4

障害ある人にもサービス提供へ 4日から壱岐イルカパーク&リゾート

壱岐イルカパーク&リゾートを運営するイキ・パーク・マネジメント(高田佳岳代表取締役)は4日から、これまで提供してきたイルカとのふれあい体験を…

20226/27

ウクライナ支援金を寄付 九電、九電工両労組

九州電力労働組合福岡支部壱岐分会と九電工労働組合壱岐分会は14日、ウクライナ避難民への人道支援金10万5千円を、避難を支援している石田町在住…

20226/27

県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席

7月1日告示、10日投開票の長崎県議選壱岐選挙区補選(定数1)の立候補予定者説明会が17日に市役所郷ノ浦庁舎で行われ、市議の鵜瀬和博さん(5…

ページ上部へ戻る