友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20207/6

柳田にコンテナ村。5日に1店舗目オープン。

郷ノ浦町柳田触の中央サービス横にコンテナを活用した飲食店街「壱岐コンテナ村」の“開村”準備が進んでいる。5日には1店舗目として居酒屋「お食事DINING粋」が開店する。

粋は当初、4月に開店予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、資材の調達に遅れが出たため、3か月遅れの開店となった。同店代表の大田恭義さん(47)は「起爆剤となって『俺たちも負けられない』となれば。柳田はじめ壱岐を盛り上げていきたい」と話した。

企画した中央サービスの野元憲治代表取締役(55)は、福岡から飲食店を開店したいという知人から連絡を受け、市内を案内していたところ、「どこでやったらいいですか」と問われ、別の用途で準備していた会社横の土地を示したところ、「いいですか」と話しが進んだ。

現在12㍍のコンテナを並列につなげた“店舗”が3台あり、中を仕切って最大5店が入居できるようになっている。状況をみてコンテナを増やす可能性もあるという。粋に続いて、福岡の串カツなどを扱う飲食店が入居予定。

野元さんは「コロナに負けないよう、他のお店と相乗効果で経済が良くなってほしい」と話した。

粋の営業時間は、ランチは午前11時半~午後2時で丼ぶり、茶わん蒸し、夜営業は午後6時頃から居酒屋メニューを提供する。大田さんおすすめはウナギのせいろ蒸し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20216/21

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。 NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀…

20216/21

インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki_photo」でシェア。

地域おこし協力隊で情報発信を担当する田口有香さん(40)が、写真や動画を共有できるSNS「インスタグラム」を活用した壱岐市の魅力発信に取り組…

20216/21

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午…

20216/14

壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は7日から、クラフトジン「KAGURA(神楽)」(40度、700㍉㍑)の販売を始めた。 ブルーのグ…

ページ上部へ戻る