友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20202/28

県壱岐病院5周年式典。向原、米城両氏に感謝状。

長崎県壱岐病院企業団加入5周年記念感謝の集いが22日、ステラコート太安閣で開かれ、病院企業団本部、構成団体首長、壱岐医師会、市議会議員ら約80人が出席。この5年間を支えてきた向原茂明院長、米城和美副院長に市から感謝状と記念品が贈られた。

記念式典では、1895年に壱岐郡立病院として創設されてからの同病院の歴史をビデオで紹介。式辞で白川博一市長は「人口減少による患者減少で苦しい運営状況の中、壱岐の中核病院としての医療体制を構築し、安全安心、信頼できる病院を作り上げて頂いたことに感謝する」と挨拶した。

県病院企業団の米倉正大企業長は「加入にあたり壱岐病院には大きな課題があったが、白川市長らの熱意を受け入れることになった。市民に受け入れられる病院に成長させたスタッフを誇りに思う。患者数減少の中で医療の質の維持は大変なことだが、知恵と勇気で地域のニーズに応える医療体制を構築してもらいたい」と激励した。

向原院長は「企業団の理念に沿って一丸となって突き進んできた。号令をかけなくても動いてくれた素晴らしいスタッフのおかげだ。さらに医療の質を上げ、安全安心、親しみやすさのある運営をしていく」、米城副院長は「外部から来た私をすぐに受け入れてくれた。向原院長は何も言わず私の好きにさせてくれたので、他の企業団病院に負けない気持ちで頑張ってきた。今後は新型コロナウイルスに対し、市全体が一丸となって戦っていきたい」と抱負を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20229/19

都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん

第36回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(12月25~28日、大阪市)に出場する県選抜選手に、郷ノ浦3年、松山凌大さんが選出された。本市…

20229/19

市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる

台風11号の強風で、郷ノ浦町平人触の市指定天然記念物「山川家のエノキ」が折れているのが見つかった。 所有者の男性が、6日朝に家周辺を見回っ…

20229/19

海を眺めて朝ごはん 市民ら壱岐の食材に舌鼓

勝本浦まちづくり協議会主催の「朝市であさごはん」が11日、黒瀬駐車場で開かれ、市民らが勝本湾を眺めながら朝食を楽しんだ。 朝市商店街の活性…

20229/12

庭園で偶然発見の「からわけ」 博物館講座で河合副館長が解説

一支国博物館の壱岐学講座が4日にあり、同館の河合恭典副館長が国津神社(郷ノ浦町渡良浦)で見つかった「かわらけ」(土師器)について話した。 …

ページ上部へ戻る