友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20198/2

山本二三さんがアニメーション制作実演。一支国博物館特別講座

一支国博物館で開催中の「山本二三展」に合わせて、7月21日に特別講座「アニメーション美術監督・山本二三による制作実演」が同館で開かれ、約300人が参加した。同講座は3階多目的ホールの定員180人で実施予定だったが、当日は朝から整理券を求める列ができ、ホールに入り切れない120人は、別室でモニターを通しての観覧となる大盛況だった。

山本さんが事前にレイアウトした画用紙に、水彩絵の具を使って着色していく過程を、背後からカメラマンが撮影して大型モニターに映し出した。題材として選んだのは壱岐の海、空、砂浜で、水を含ませた刷毛(はけ)で、何色も混ぜた絵の具をまんべんなく塗り、空、雲、海の順番でグラデーション。「二三雲」の愛称で呼ばれる沸き立つような積乱雲まで約20分で完成させ、その流れるような作業に観客は見入っていた。山本さんは「完成させた絵をぜひ撮影して、フェイスブックや待ち受けにしてください。額縁に入れておきます」と写真撮影を許可。完成した原画は今後、同館で展示を予定している。

質問コーナーでは「上手くいかなかった時、描きたくない時はどのように切り替えているのか」「どうしたら描写力、デッサン力が身につくのか」が寄せられ、山本さんは「アトリエで一人、300枚描くことがあり、仕事のしすぎで描けなくなり、スランプだと感じたことがあった。まずは乱作せずに描き続けることが大事。中学生の時、美術の先生の描く水彩画を真似して、雲なら雲だけと同じものを何度も描いた。自分の好きなものを描き続ければ、スランプ脱出にも、デッサン力の向上にもなる」と自身の経験を話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20215/3

長岡秀星展Ⅱがスタート。壱岐育ちの世界的イラストレーター。

一支国博物館の第54回特別企画展「長岡秀星Ⅱ」が23日に同館1階テーマ展示室で始まった。同館での長岡秀星の作品展は2016年11月の「追悼展…

20215/3

5月末発売へ最終調整。壱岐の蔵酒造のクラフトジン。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は20日、温泉旅館壱岐リトリート海里村上(大田誠一総支配人)と共同開発しているクラフトジンの商品化に向け…

20215/3

JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。

JA壱岐市は初めてのオリジナルブランド商品「壱岐牛シリーズ」7商品を5月から販売する。 名門料理学校ル・コルドン・ブルー・パリで学び、…

20214/26

紫色あざやかに。弁天崎公園のフジが満開。

郷ノ浦町の弁天崎公園内のフジが見頃を迎え、公園をウォーキングする市民が足を止めて見入っている。公園中ほどに設けられたフジ棚から紫色の花を無数…

ページ上部へ戻る