友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20156/5

今年初めてO157が発生

壱岐保健所は1日、市内で腸管出血性大腸菌感染症O157の発生があったと発表した。
同保健所によると、74歳の男性が5月25日に腹痛、水溶性下痢、血便の症状を発症。27日に病院で診察を受け、1日に検便からO157型ベロ毒素が検出された。男性は快方に向かっている。
O157は市内で昨年18人、一昨年は21人が発症しており、今年は初めて。腸管出血性大腸菌感染症全体では今年4人目となった。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20228/8

「命つなげたい」 犬猫保護団体が初の譲渡会

犬、猫の殺処分ゼロを目指す有志の団体、壱岐島わんにゃんお守り隊299(松嶋純子会長ら20人)が7月31日、初めて保護猫の譲渡会を柳田地区公民…

20228/8

循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる

壱岐の未来について、実現したいことを話し合い具体化する「壱岐なみらい創りプロジェクトSDGs対話会」が、7月24日に壱岐の島ホールであった第…

20228/8

人面石クッキーに新味 夏季限定ミネラル5選

一支国博物館ミュージアムショップでは、7月15日からオリジナル商品「人面石クッキー ミネラル5選」を夏季限定販売している。各味1枚ずつ5枚入…

20228/1

バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル

芦辺町湯岳興触でバナナを栽培する株式会社コスモファーム(住吉節子代表取締役)は16日、観光農園「BANANA FARM IKI」をオープンさ…

ページ上部へ戻る