スポーツ

下條がSG準優戦初進出 地元開催のオールスター

ボートレース界の祭典・第42回オールスター(SG)が5月26日から31日まで大村ボートレース場で開催され、ファン投票などで選ばれた全国のトップレーサー52人が集結。長崎支部からは壱岐出身の下條雄太郎選手(29)が、昨年に続いて出場した。
下條は予選5戦を②③②⑤③着と、勝ち星こそなかったが着実に得点を加算して、SG戦で初の準優戦進出を果たした。準優戦は6号艇ながら3コースから0秒04のスタートを決めて果敢に攻めたが、1号艇のフライングの影響もあり5着。最終日は4R一般戦でこのシリーズ初勝利を挙げ、10R特選B戦も内コースの瓜生正義、濱野谷憲吾の強豪相手に積極的に挑んで3着と、地元開催のSG戦で若武者らしさを存分に披露した。
下條は6日から若松で開催されるGⅠ全日本覇者決定戦(11日まで)で、GⅠ初勝利を目指す。

4352

 

関連記事

  1. ギネス世界記録を作ろう!! リレー形式で壱岐牛を食べさせ合う 1…
  2. 深海魚リュウグウノツカイ 郷ノ浦漁協定置網で捕獲
  3. 一支国博物館は減少 GW観光客数 
  4. 4競技で両高校が対抗戦。野球は壱岐が26点大勝。
  5. 長岡美桜 (郷ノ浦)全国大会へ U‐16ジャベリックスロー
  6. 県大会優勝、九州大会へ 壱岐商ソフトボール部
  7. 壱岐国牛まつりが30周年
  8. 壱岐市人事異動PDF(平成27年4月1日)

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP