スポーツ

下條がSG準優戦初進出 地元開催のオールスター

ボートレース界の祭典・第42回オールスター(SG)が5月26日から31日まで大村ボートレース場で開催され、ファン投票などで選ばれた全国のトップレーサー52人が集結。長崎支部からは壱岐出身の下條雄太郎選手(29)が、昨年に続いて出場した。
下條は予選5戦を②③②⑤③着と、勝ち星こそなかったが着実に得点を加算して、SG戦で初の準優戦進出を果たした。準優戦は6号艇ながら3コースから0秒04のスタートを決めて果敢に攻めたが、1号艇のフライングの影響もあり5着。最終日は4R一般戦でこのシリーズ初勝利を挙げ、10R特選B戦も内コースの瓜生正義、濱野谷憲吾の強豪相手に積極的に挑んで3着と、地元開催のSG戦で若武者らしさを存分に披露した。
下條は6日から若松で開催されるGⅠ全日本覇者決定戦(11日まで)で、GⅠ初勝利を目指す。

4352

 

関連記事

  1. 気仙町で“復耕”支援 壱岐活き応援隊
  2. 筒城浜で花嫁姿撮影 香港から招致活動
  3. 元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。
  4. 福原が県中学通信陸上連覇 2年男子百㍍で11秒74
  5. 旧石器時代の遺物発掘 原の辻遺跡南側
  6. 夢の箱根山下りを疾走。順天堂大・江口智耶(石田中出身)、第94回…
  7. トライアスロン合宿。筒城浜でスイム、ラン。
  8. 議会は「庁舎建設が必要」と結論 採決は賛成11、反対3 庁舎建設…

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP