地域情報

白川市政4期目スタート。訓示式で職員にげき飛ばす。

12日投開票の壱岐市長選で当選した白川博一市長が20日、4期目となる新任期の初登庁を行った。

午前8時40分に市役所郷ノ浦庁舎に登庁すると、約50人の職員が拍手で出迎え。女性職員から花束を贈られ、「引き続きよろしくお願いします」と挨拶。その後は壱岐の島ホールに課長級以上の職員40人を集めて訓示式を開いた。

白川市長は今後の市政の重点項目として「水素混焼エンジンによる完全脱炭素」「まちづくり協議会との協働」「壱岐なみらい研究所」「逆参勤交代」などを取り上げ、「壱岐は日本一の島になることができる。全国離島のモデルになれる。それを実感している。誰一人取り残さない地域社会の実現へ向けて、壱岐市の将来のためにともに精一杯頑張っていこう」とげきを飛ばした。

関連記事

  1. 増元優友さん(勝本3年)が最優秀賞 第66回中学生弁論大会
  2. 高校野球代替大会。11日壱岐、12日壱岐商。
  3. 西鉄薬院駅に大型広告 猿岩大きくPR
  4. 「海の駅・湯がっぱ」開設へ 湯本・おさかなセンターを改装
  5. 新副議長に今西菊乃さん 壱岐市議会で女性初
  6. 壱岐5島が盛り込まれる 国境離島新法要綱
  7. 第1期生14人が入学(インド・ネパール留学生8人)。こころ医療福…
  8. 壱岐高生2人が好成績。県中国語コンクール。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP