地域情報

白川市政4期目スタート。訓示式で職員にげき飛ばす。

12日投開票の壱岐市長選で当選した白川博一市長が20日、4期目となる新任期の初登庁を行った。

午前8時40分に市役所郷ノ浦庁舎に登庁すると、約50人の職員が拍手で出迎え。女性職員から花束を贈られ、「引き続きよろしくお願いします」と挨拶。その後は壱岐の島ホールに課長級以上の職員40人を集めて訓示式を開いた。

白川市長は今後の市政の重点項目として「水素混焼エンジンによる完全脱炭素」「まちづくり協議会との協働」「壱岐なみらい研究所」「逆参勤交代」などを取り上げ、「壱岐は日本一の島になることができる。全国離島のモデルになれる。それを実感している。誰一人取り残さない地域社会の実現へ向けて、壱岐市の将来のためにともに精一杯頑張っていこう」とげきを飛ばした。

関連記事

  1. 真邊慰霊碑を参拝 芦辺小全校児童
  2. 「新庁舎は極力スリム化」 ゲートボール場移設試算3・3億円 第2…
  3. B’z歓迎の輪が全島に 伝説残す感動の3日間 EPI…
  4. 295人が新成人 万歳三唱で門で祝う
  5. 湯ノ本温泉・平山旅館が日本秘湯を守る会に加盟
  6. 高校卒業生に任命 スキ・スキ応援隊
  7. 事業評価Aは3事業 地方創生推進交付金
  8. 2人の地域おこし協力隊員。情報発信に取り組む。

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP