地域情報

白川市政4期目スタート。訓示式で職員にげき飛ばす。

12日投開票の壱岐市長選で当選した白川博一市長が20日、4期目となる新任期の初登庁を行った。

午前8時40分に市役所郷ノ浦庁舎に登庁すると、約50人の職員が拍手で出迎え。女性職員から花束を贈られ、「引き続きよろしくお願いします」と挨拶。その後は壱岐の島ホールに課長級以上の職員40人を集めて訓示式を開いた。

白川市長は今後の市政の重点項目として「水素混焼エンジンによる完全脱炭素」「まちづくり協議会との協働」「壱岐なみらい研究所」「逆参勤交代」などを取り上げ、「壱岐は日本一の島になることができる。全国離島のモデルになれる。それを実感している。誰一人取り残さない地域社会の実現へ向けて、壱岐市の将来のためにともに精一杯頑張っていこう」とげきを飛ばした。

関連記事

  1. 母校壱岐高で中国語教える。上海大3年、百﨑さん非常勤講師に。
  2. かかし62作品を展示 「壱岐神楽」の力作も
  3. 2018年 十大ニュース。
  4. 四季菜館が新装オープン。店舗面積が3倍に拡大。
  5. 8~10月は値上げなし 九州郵船燃油調整金
  6. キャンドルを陸前高田へ 市ボランティアの集い
  7. 壱岐逸品 第二十九品『壱岐味鶏の炙り刺し』
  8. 壱岐署に門松寄贈 盈科小交通少年団ら

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP