友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

住吉神社で園遊会

w住吉神社で行われた園遊会の参加者 花見をしながら壱岐神楽も鑑賞市林業研究同志会(江川漣会長)主催の「春の園遊会」が3月26日、芦辺町住吉神社の「壱岐やまざくらの森」で開催され、同会会員、住吉地区公民館員、同神社氏子、東京壱岐雪州会員ら30人が参加。花見をしながら壱岐神楽見物、餅まき、酒宴で麗らかな春の一日を楽しんだ。
同森は平成21年1月に東京壱岐雪州会からの寄付金で、市林業研究同志会が壱岐やまざくら4品種60本を植樹。地元公民館、神社氏子らが管理を行ってきた。植樹6年目を迎えた今年は花見ができるまでに成長したことから、寄付、管理への感謝の気持ちから園遊会を実施した。
壱岐やまざくらはツクシヤマザクラの地域変種の一つで、通常のヤマザクラに比べて多花性で、花、がく、若葉の色が多様なのが特徴。耐潮性があり、テングス病にも強く、ソメイヨシノの2倍以上の150~200年の寿命がある。
開花時期は品種によって違い、この日は早咲きの「湯ノ香」が来客者の目を楽しませた。同森では5月まで、各品種が次々に開花を続けていく。江川会長は「この園遊会を100年、200年続くものにしていきたい。この森が市民憩いの場になってくれたら嬉しい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20216/21

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。 NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀…

20216/21

インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki_photo」でシェア。

地域おこし協力隊で情報発信を担当する田口有香さん(40)が、写真や動画を共有できるSNS「インスタグラム」を活用した壱岐市の魅力発信に取り組…

20216/21

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午…

20216/14

壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は7日から、クラフトジン「KAGURA(神楽)」(40度、700㍉㍑)の販売を始めた。 ブルーのグ…

ページ上部へ戻る