友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

スピリチュアルで壱岐を売り出せ 隠れた観光地をツアーで検証 新道お宝プロジェクト実行委員会

ファム(女岳神社の磁力をチェック) 郷ノ浦・新道商工振興会の次世代を担う若者らで構成する、新道お宝プロジェクト実行委員会(山口貴史会長)は14日、行政、学術経験者、マスコミ関係者ら約30人を招いた「壱岐スピリチュアルツアー」の視察を行った。同会は壱岐の新しい魅力を情報発信し、島外からの集客を目指すべく、観光と商店街を結びつけた「観光まちづくり」に着手。新道地区にある伊藤小左衛門地蔵を「お宝地蔵」として全国へ売り出すなどのプランを立てている。

ファム(ガイドの伊佐藤さんの説明を熱心に聞く)宝当神社(佐賀県唐津市高島)は300人が暮らす離島にある。20年程前、同神社が「宝が当たる」と読めることから、町おこしとしてお宝グッズを販売。宝くじを購入した人が同神社にお参りし、当選した経緯を全国メディアが取り上げたことで一躍有名となり、多い時で年間20万人を集客した、観光まちづくりの好例だ。
この人気にあやかろうと考えたのが同委員会。「お宝地蔵」を拠点にして、地元民も知らない、観光マップにも掲載されていない隠れたパワースポットなどを「広く島外の人たちに紹介できないか」「ツアーとして成立するのか」などという観点から、今回の検証(ファム)ツアーを実施した。
ファム(満潮時の小島神社)島外からは和歌山大学観光学部・出口教授、九州大学院環境デザイン部門・田上准教授、アヴァンティ(福岡・女性向け情報誌)やぐらんざ(福岡・シニア向け情報誌)の編集者ら11人。島内からは松尾壱岐振興局長や米村市観光商工課長、市観光連盟、市商工会など20人が参加。ツアー後には来年度以降の商品化へ向けて意見交換会を行った。
参加した唐津ケーブルテレビジョンの亀井信一放送部長は「ミステリアスなストーリーを秘めた素材がたくさんあり、可能性は感じたが、バスガイドの解説とセットで成り立っているようにも感じた。バスガイドの育成がカギ」と課題を挙げ、「スピリチュアルをキーワードに壱岐取材ができないか、検討したい」と興味を示した。
ファム(初めて訪れた人は驚く塞神社)福岡から壱岐に嫁いだ庄司啓子さんは「ガイド付きで神社・地蔵さんに行くことができ、ただ単にお参りするだけではなかった点が楽しかった。壱岐を満喫・満足・満腹出来るツアーがあれば、観光客も地元民も楽しめる」と話した。
山口会長は「観光パンフレットに載っていないスポットを巡るだけではなく、各方面の専門家に参加頂き、幅広い意見を頂いた。今後、ツアーの商品化やお宝地蔵のPRに生かし、情報発信をしていきたい」と、スピリチュアルによる新道商店街活性化の実現を誓った。
ファム(ゆれ地蔵を揺らす参加者)ファム(お宝地蔵のおみくじをひく参加者)aファム(お宝地蔵に集まった参加者)a

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20215/3

長岡秀星展Ⅱがスタート。壱岐育ちの世界的イラストレーター。

一支国博物館の第54回特別企画展「長岡秀星Ⅱ」が23日に同館1階テーマ展示室で始まった。同館での長岡秀星の作品展は2016年11月の「追悼展…

20215/3

5月末発売へ最終調整。壱岐の蔵酒造のクラフトジン。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は20日、温泉旅館壱岐リトリート海里村上(大田誠一総支配人)と共同開発しているクラフトジンの商品化に向け…

20215/3

JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。

JA壱岐市は初めてのオリジナルブランド商品「壱岐牛シリーズ」7商品を5月から販売する。 名門料理学校ル・コルドン・ブルー・パリで学び、…

20214/26

紫色あざやかに。弁天崎公園のフジが満開。

郷ノ浦町の弁天崎公園内のフジが見頃を迎え、公園をウォーキングする市民が足を止めて見入っている。公園中ほどに設けられたフジ棚から紫色の花を無数…

ページ上部へ戻る