友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20212/22

ふるさと納税約3億円。8年ぶりに前年度比減。

本年度の市ふるさと納税の寄附額は10日時点で9525件2億9896万円となり、3月末までに若干の上乗せされ、約3億円になることが判った。このうち104件337万2千円は台風9・10号の災害復旧支援の寄附となっている。

昨年度は1万3257件約3億8千万円で、約3800件8千万円の減少。平成25年度以降は毎年寄附額が増加していたが、8年ぶりに減少に転じた。

市政策企画課は「コロナ禍で大きく減少することも覚悟していたが、まずまず健闘した。減少の原因はウルトラマラソン、新春マラソンなど各種イベントが中止になり、観光客も大幅に減少したことで、島外の人が壱岐と触れあう機会を失ってしまったことが大きい。ふるさと納税はその土地で食べたものの美味しさや旅の感動が寄附する気持ちに大きな影響を与えているので、この点が痛かった」と分析した。

一方で「返礼品はカタログ写真を撮り直し、デザインを変えるなどブラッシュアップを進めている。昨年から赴任したふるさと納税担当の地域おこし協力隊員は、納税者へのメルマガ配信やLINEニュース作成などで、納税者との関係維持を図っている。来年度はその効果が出てくれるだろう」と来年度の巻き返しに期待を込めた。

返礼品では「寒ブリしゃぶしゃぶセット」(寄附額1万円=3000ポイント)が1番人気になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20214/5

風舞組が休館前最後の演奏。勝本・西部開発総合センター。

3月末で休館が決まった勝本町の西部開発総合センターのホールで、同所を活動拠点としていた壱州太鼓演奏集団の風舞組(中上良二代表、12人)が3月…

20214/5

椎の木からサクラ。鳥が実を運び成長。

3月下旬から市内各所でサクラが満開を迎えたが、旧沼津中学校近くの民家には、椎の木の先端から生えたサクラがあり、道行く人を楽しませている。 …

20214/5

原田酒造が初仕込み。県内唯一のクラフトビール醸造所。

県内唯一のクラフトビール醸造所、原田酒造(原田知征代表取締役)の「アイランドブリュワワリー」は3月24日から仕込みを始めた。今後、週1回のペ…

20213/29

成人の誓い新たに。市成人式199人出席。

新型コロナの感染拡大で1月10日から延期となっていた令和3年市成人式が20日、壱岐の島ホールであり、新成人199人(男91人、女108人)が…

ページ上部へ戻る