© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20201/31

「九州探検隊」アンバサダー。博多大丸と認定証締結。

市と株式会社博多大丸との「九州探検隊」アンバサダー認定式が24日、市役所郷ノ浦庁舎で行われ、白川博一市長と博多大丸・高田徹取締役が認定書に署名を交わした。
「九州探検隊」(隊長・柚木和代社長)は博多大丸が開業65周年事業として2018年6月から始めたプロジェクトで、九州・沖縄の全119市を3年間かけて訪問し、地元九州・沖縄のまだ知られていない魅力ある「モノ」「コト」「文化」を発掘し、来店客に紹介・提供することで九州全体の活性化を目指している。

アンバサダー認定は壱岐市で39市目、長崎県では4市目となった。
認定した市の食、工芸、文化などは同店のパサージュ広場でのイベント、8階催事場や東館地下2階食品売り場で商材をクローズアップした企画イベントなどで展示する。また専用ホームページでの観光PR、中元・歳暮ギフトに商品提案、顧客への観光ツアー企画なども検討している。

高田取締役は「壱岐を訪れたのは初めてだったが、博多から1時間で来られるということを知って驚いた。魅力ある自然とグルメにあふれていて、個人的には興味のある神社の御朱印集めもできる。今後は何度も訪れて、魅力を発掘していきたい。社員全員が探検隊員なので、外商部だけでなく休日などで訪れた社員もその魅力を探り、情報発信をしていく」と話した。

白川市長は「壱岐には、販路開拓されればもっと売れる商品、正当な価格で取引される商品、まだ埋もれている商品がある。博多大丸の知見とコネクションで、認知度向上と活性化につなげていきたい」と期待をかけた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る