© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201912/27

松下翔紀が高校日本一。2019年十大ニュース

①全国高校選抜、松下が六百メートル優勝。

8月31日に大阪で開かれた全国高校選抜陸上で、男子六百㍍決勝に出場した松下翔紀(壱岐商3年)が1分19秒90のタイムで優勝した。今年創立70周年を迎えた壱岐商業高校にとって、陸上競技の全国優勝は創立以来初。本市高校生の陸上全国制覇は2002年茨城インターハイ、高知国体女子百㍍の長島(現姓、田口)夏子さん(当時、壱岐高校3年)以来17年ぶり。

②来館者百万人。一支国博物館

10月6日午前11時過ぎ、一支国博物館の来館者が2010年3月14日の開館以来、百万人を突破した。営業日数で3056日目で、開館当時の予測(3051日)とほぼ一致した。

③全国自治体初。気候異常事態宣言

市は9月25日、全国自治体初の「気候異常事態宣言」を行った。世界では18か国と970自治体が宣言している。宣言は4R(リデュース、リユース、リサイクル、リフューズ)に積極的に取り組む、2050年までに市内で利用するエネルギーを再生可能エネルギーに完全移行する、などが盛り込まれた。

④芦辺中学校移転、再三の工事遅れ。

新芦辺中学校建設工事が10月末に完成し、11月1日から旧那賀中学校跡地(中野郷西触)の新校舎での授業が始まった。当初は3月末までに完成して、新年度から新校舎を利用する予定だったが、工事が大幅に遅れた。

⑤まちづくり協議会、第1号は三島地区。

新たな住民コミュニティ組織のまちづくり協議会の設立が全18小学校区で進められており、その第1号として10月1日に三島地区まちづくり協議会が設立。日本一の二次離島を目指して「三島まちづくり計画書」を策定した。12月末までに11地域で設立準備委員会または幹事会が立ち上がり、6地域で集落支援員が決定している。

⑥福原が全国4位。小学5年男子百メートル

8月10日の全国小学生陸上競技交流大会(神奈川)で、小学5年男子百㍍に出場した福原悠吾(志原)が13秒42で4位入賞した。

⑦九州地方知事会議、本市で初の開催。

九州地方知事会議、九州地域戦略会議が6月4、5日に本市で初めて開催され、九州7県の知事または副知事、九州の財界トップら約150人が本市に集結した。

⑧ケーブルテレビ、移行が合意。

混迷を極めていた市ケーブルテレビ施設の移行手続きで、10月11日に現指定管理者の関西ブロードバンドと合意書を交わした。来年4月から光ネットワークが運営を行い、利用者は個人情報に関する同意書を提出すれば、ID、パスワードなど変更せずにテレビ・インターネットの利用を継続できる。

⑨スマートニュース、壱岐チャンネル開設。

スマホのニュースアプリ「スマートニュース」に11月22日から、壱岐チャンネルが開設。これまで個々に配信されていた壱岐市に関するニュースが一元化して配信される。全国市町村で専用チャンネル開設は本市が初。

⑩リニューアルしたイルカパーク。

壱岐イルカパーク&リゾートが4月25日にリニューアルオープン。市直営から指定管理者への委託となり、イルカに触れ合えるアクティビティメニューや、東京で人気のパンケーキ店出店などが人気を集め、ゴールデンウィーク中は約6千人の人出で賑わった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20201/17

3人が県知事賞を受賞。第65回子ども県展

小・中学校児童生徒美術作品展「子ども県展」の特別賞受賞作品を発表。小学校絵画部門で篠﨑陽月さん(勝本5年)、同版画部門で佐藤竜真さん(八幡1…

20201/17

市内で作品展示。長崎しまの芸術祭

長崎しまの芸術祭「アーティスト・イン・アイランド@壱岐2019」の作品展示がこのほど、市内各施設で行われた。一支国博物館ではフランスのバンド…

20201/17

1802人が出走。ハーフ男子、川谷勇貴さん連覇。壱岐の島新春マラソン

第34回壱岐の島新春マラソン大会(同実行委員会主催)が12日、芦辺・ふれあい広場を発着とする特設コースで開かれ、7部門33種目に延べ1802…

20201/3

川下さんが聖火ランナー。1.8㌔を8人でリレー。

県は12月17日、県内をリレーする東京オリンピック聖火ランナーの一部、43人を発表。本市の走者に川下和明さん(40=JF郷ノ浦)が選出された…

20201/3

大大神楽で有終舞台。福刻パラノイア

1年間の御神恩に感謝を捧げる壱岐大大神楽奉納が20日、芦辺町の住吉神社で、約7時間にわたって行われた。700年の伝統を誇る国指定重要無形文化…

ページ上部へ戻る