© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150人が参加した。昨年は主催者の都合で中止となり、2年ぶりの開催となったが、大会は今回で一旦、終了となる。

3チームごとのリンクリーグで予選を行い、勝ち上がった4チームが決勝トーナメントで対戦。決勝は前回覇者の「田の真吾」と、大分県中津市から毎回出場している「からあげ大吉」という常連同士の対戦。結果は34‐16で田の真吾が勝ち、連覇を達成したが、勝敗よりも最後の大会を満喫しようと和気あいあいとした雰囲気になった。

田の真吾の代表・豊永浩二さん(50)は「第1回からずっと出場してきて、前回初めて優勝できたので、最後の大会で連覇することが目標だった。その点は嬉しいが、関係者が島おこしのために懸命に続けてきてくれた大会がこれで終わってしまうのは、感謝と同時に残念でたまらない。継続のために何かできないか、これからいろいろと考えていきたい」と話した。

大会は、第3回まではまちづくり市民力事業で一部補助を受けていたが、その後は大会経費を協賛金でほぼ賄ってきた。実行委員会の篠﨑美智子さん(64)は「シャワールームの設置、会場の設営など地元建設会社の協力と皆さんからの協賛金で続けてこられたが、私の体力も含めていろいろな面で厳しくなってきた。島おこしの一定の成果は出せたのではないか。使用する田んぼも、大会後は泥が少なくなって田植えができないなどの影響も出てきていた。プレー中に婚約指輪を落とした人がいて、次の週にみんなで探したことなど、楽しい思い出も残すことができた。私はそろそろ潮時だが、後を継いでくれる人が出てきてくれたら嬉しい」と名残惜しそうに話した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

20196/7

松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。

長崎県高校総合体育大会が1日から県内各地でスタートした。諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われた陸上競技では、男子八百㍍決勝で松下翔…

20195/31

高校総体陸上2冠へ。松下翔紀(壱岐商3年)

第71回県高校総合体育大会が6月1日から7日まで、県内各地で開催される。 注目を集めているのは陸上競技(諫早・トランスコスモススタジア…

ページ上部へ戻る