地域情報

武原由里子さんが講演 父母と教職員の会

第37回市父母と教職員の会(市母と女性教職員の会実行委員会主催)が6月27日、勝本・かざはやで、「楽しみながら 子育てを」をテーマに行われた。
講演は、「壱岐子ども劇場」代表の武原由里子さんが「母と子のこころをつなぐ読み語り」~ココロもほっこり~の演題で、絵本の読み語りの魅力について、実演を交えて語った。
武原さんは「日本五大昔話は、私は祖父と一緒に寝ている時に聞かせてもらった。心地良い状況で聞いた響きは一生残るもの。読んでいる方も癒されます。自分が聞き、子ども、孫に聞かせる。絵本は人生で3度活かされるものです」などと話し、「お父さんに読んでもらいたい絵本」「科学系の絵本」「仕掛け絵本」など様々な絵本の世界を紹介した。

 

関連記事

  1. 車両水中転落事故の2人を救助 3人に署長感謝状贈呈
  2. KDDI「しまものラボ」、離島産品の発信サポート。
  3. 山本二三さんがアニメーション制作実演。一支国博物館特別講座
  4. 特養老人ホーム「壱岐のこころ」開所
  5. 壱岐高卒業生の旅立ちが舞台 オロナミンC動画が公開
  6. マナヅルの北帰行始まる。深江田原、山崎で観察。
  7. 小島神社で書パフォーマンス 書道家・山口芳水さん
  8. ゆず種子から化粧水開発。壱岐旅館組合「女将の会」

おすすめ記事

  1. 南方系サンゴが進出 国立環境研究所などの調査で確認 海水温上昇 裏付け
  2. 市がSDGs認定制度創設 初研修会に10人受講
  3. ゴミ71袋分回収  霞翠小ごみゲッツ

歴史・自然

PAGE TOP