© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20193/8

吉本芸人4人が観光大使。福岡で壱岐を情報発信。

市は2月28日、福岡市のよしもと天神ビブレホールで、吉本興業の福岡よしもとに所属する芸人、寿一実さん(62)、コンバット満さん(49)、ケン坊田中さん(47)、高田課長さん(50)の4人を壱岐市観光大使に委嘱する任命式を開いた。任期は2022年3月までの3年。

4人は福岡のテレビ・ラジオ番組を中心に活躍しており、市は福岡都市圏での情報発信を強化するために、4人に就任を要請した。任命式後に行われたトークショーで寿さんが「本当に私たちでいいんですか?」と聞くと、白川博一市長は「あなたたちがいいのです。抜群の知名度と軽妙なトークで壱岐をアピールしてほしい。年間55万人の観光客を倍増させたいので、ぜひ協力をお願いしたい」と熱烈なラブコールを送った。

▽寿一実さん「趣味が磯釣りで、壱岐の磯には年間10回以上通っている。秋に開催する私のイシダイクラブの今年の大会は壱岐で開催することにいま決めた。観光大使として、観光客を増やすのはもちろんだが、壱岐で普段食べている食材を九州、本州へ発信していくのも手だ」。
▽コンバット満さん「冬は必ず壱岐に行っている。普通に防波堤から30㌢以上のアジが釣れるのがすごい。レギュラー番組が4~5本あるので、壱岐で釣りをしたり、壱岐のパワースポットを回ったりする番組を作り、発信していきたい」。
▽ケン坊田中さん「温泉ソムリエと九州観光マスターの資格を持っていて九州の観光地をいろいろと回っているが、壱岐が一番だ。美味しいもの、自然、良いお酒があり、福岡から1時間で行ける。いつの日か壱岐が福岡県になることを夢見て、頑張っていきたい」。
▽高田課長さん「初めてロケの仕事で行ったのが壱岐で、壱岐とは縁がある。歴史、自然、グルメ、観光名所がたくさんあり、ちょっとしたリゾート気分で行ける素晴らしい島。住宅アドバイザーと建築インストラクターの資格を持っていてDIYも好きなので、再来年くらいには壱岐に家を建てて、住民票も移そうかなと思うくらい、将来的に住むのに良い島だと思っている」。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る