© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20193/8

もったいない渋谷の物産展。

壱岐物産展が2月21日から27日まで、東京・渋谷の東急百貨店本店で開催された。ウニ、アオサ、ワカメ、ゆず加工品、壱岐牛ハンバーグ、壱岐牛カレーパン、かすまきなど、東京文化の中心地で1週間にわたって販売が行われた。都民に対して壱岐の魅力を伝える大きな機会になったことだと思う。

だが、この物産展の開催を私が知ったのは、東京に居る友人のフェイスブック投稿を見たからだった。情報を集めている新聞記者の私でも知らなかったのだから、壱岐市民の多くも知らなかったことだろう。この友人には多数のフォロワーがいる。投稿は物産展終了直前で、フォロワーからは「すごく行きたいけれど時間がない」「写真以外にどんな商品があるのか」などの書き込みが数多くあった。

私も詳細を調べようとインターネットで検索したが、なかなかこの情報が引っ掛からない。渋谷東急本店のホームページにも掲載されておらず、ようやく見つけたのは壱岐市ふるさと商社フェイスブックの投稿だけで、ここにも販売している商品の詳細や価格などは書かれていなかった。この投稿にはふるさと商社で扱っている商品へのリンクは貼られていたが、販売していた商品とは違うものだった。たとえこの投稿にたどり着いた東京の消費者がいても、購入には結びつかなかったことだろう。購入した人が「もう一度買いたい」と思っても、その情報が得られない。様々な苦労の末、都会の一流デパートで物産展を開いても、たまたま通り掛かった人だけを相手にしていたのではそれほどの売り上げにはならないし、せっかく壱岐を宣伝する機会も活かされていない。何とももったいない出来事だった。

いまの時代、情報がいかに大切なのかは市も十分に理解しているはず。だがその情報をうまく活用するツールがまだ確立されていない。各担当部署にバラバラに任せるのではなく、広報課、情報発信課などを設置して、情報発信の集約が求められる。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る