© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201711/17

473人が還暦式出席。第二の人生をスタート。

全国で唯一、行政主導で還暦を祝う式典、壱岐市還暦式が10日、壱岐の島ホールで開かれた。1957年4月2日から58年4月1日生まれの市内在住者360人と、市外在住で参加の意思が確認された252人の計612人が対象で、このうち市内251人、市外222人の計473人が参加。関係者らを含めて約700人が大ホールを埋めた。

長寿祈願の神楽で幕を開け、各中学校卒業の還暦者代表、市外出身者代表に還暦証書、記念品が白川博一市長から贈られた。中学卒業代表者は男女で壇上に上がり、仲良く手をつないで歩くなど青春時代を思い出しながらの授与式に、会場は温かい拍手と冷やかしの笑い声で包まれた。赤いちゃんちゃんこ姿で壇上に上がった勝本中学校卒業の眞辺弘一さんは「ちゃんちゃんこは先輩たちから引き継いでいるもの。なかなか気心地が良かったですよ。60歳だからといって何かが変わるわけではないが、一つのけじめになった」と感慨深い表情を浮かべた。

今年度還暦を迎えた著名人(敬称略)は女優は大竹しのぶ、松居一代、かたせ梨乃、名取裕子、歌手はピンクレディーの2人(増田恵子、未唯)、八神純子、石川さゆり、Chageら。本市の還暦者には市企画振興部・左野健治部長、市建設部・下條健輔部長、議会事務局・土谷勝局長、土谷勇二市議会議員らがいる。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る