© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20138/23

グルメ開発、本来の目的は。

syasetsu 『がんばらんば長崎』地域づくり支援事業で県から採択され、1億2500万円の事業を実施している市観光連盟が目に見える形で動き出した。「第1回 壱岐市ご当地グルメコンテスト」だ。同コンテストに出品された料理は同連盟が進める“こだわりグルメプロジェクト”の一環として行われ、「今後、市内の観光関連事業者(宿泊や飲食、弁当、惣菜、製菓、農産加工品など)へレシピを提供。新たな壱岐の味わい作りの活動に活かしていく」とある。
当然、B-1グランプリなどの全国コンテスト出品を視野に入れていると思われるが、郷土料理ではないコンテスト作品が本当に壱岐島民に受け入れられると思っているのだろうか。
2012年、第7回B-1グランプリで、準優勝に当たるシルバーグランプリを獲得した対馬の“上対馬とんちゃん”は、戦後間もない北部対馬で在日韓国人により広められたのがルーツと言われる郷土料理だ。10年、北部対馬在住の有志により結成された“対馬とんちゃん部隊”は“上対馬とんちゃん”を活用した地域活性化を目的とし、まちおこし団体連絡協議会などと協議を重ね、郷土料理をアレンジすることに徹したという。
しかし、同コンテストは同連盟の意志や意向が感じられず、どういうコンセプトなのかもまったくわからない。募集要項にある“ジャンル”という項目で、“丼物 壱岐産米の上に壱岐産の素材をのせたもの”では企画が幼稚すぎると言わざるを得ない。
また、『第1回』ということは2回目も実施するということだ。もし、そうだとしたら1回目の最優秀作品を否定し、また新たな料理を採用するということにもなる。そんな手法で壱岐が本当に盛り上がるのか。
全国コンテスト出品は壱岐島のアピールになるだろうが、地元で愛される料理で島民が盛り上がる、『町づくりによる地域活性化』が本来の目的のはずだ。それなくして全国コンテストの出品はあり得ない。
同事業は平成25年から2年間だが、事業費がなくなっても継続できるものが必須のはず。このままのグルメ開発は本来の目的を失った一過性のものとなり、時が経てば何も残らない、壱岐島民が誰も知らない物になる。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る