© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20176/30

特殊詐欺を未然に防止。2人に壱岐署長感謝状。

壱岐署(原口正広署長)は22日、特殊詐欺被害を未然に防止したスーパーバリューイチヤマ本店従業員の松田理絵さん(26)と、親和銀行壱岐中央支店行員の吉福加津枝さん(46)に、署長感謝状を贈った。
松田さんは5月24日、同店出入口近くのATM機前で不安そうにしていた市内の70歳代女性を不審に思い、声を掛けたところ「市役所から頼まれたという女性から電話があり、還付金があるのでATMへ行けと言われた。銀行の人が来ると言っていたが、まだ来ていない」と説明された。松田さんは詐欺を疑い「銀行へ直接行って確認した方が良い」と助言した。
女性は同銀行へ行き、窓口にいた吉福さんに事情を説明。吉福さんが市役所税務課に問い合わせたところ、還付金詐欺であることが判明。市役所が壱岐署に通報し、詐欺被害を未然に防いだ。
松田さんは「騙されていたら預金がすべて被害に遭っていたかもしれない。積極的に声掛けをして良かった」と安どした。吉福さんは「銀行では常日頃から詐欺被害を防ぐことを心掛けている。実践に結び付けることができた」と普段の訓練の成果を強調した。
原口署長は「騙された人は、なかなか納得してくれないことが多いので、今回のように早くに通報してくれれば警察官がすぐに駆け付けて説得できる。適切な対処に感謝している」と話した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/7

壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール

県内の小学生を対象にした第47回県読書感想文コンクール(県学校図書館教育研究会など主催)の中学年の部で、小山陽人さん(渡良3年)と寺井くるみ…

201812/7

V長崎戦観戦に無料バスを。

サッカーJリーグのレギュラーシーズンが終了し、Vファーレン長崎はJ1の18チーム中、最下位18位に終わり、J1生活は1年だけで来季からJ2に…

201812/7

「警察から前副市長らに措置ない」、不正入札疑惑に白川市長が言及。市議会12月会議

市議会定例会12月会議が4日、開会した。10月から市内を騒がせていた不正入札疑惑について白川博一市長は行政報告の中で、中原康壽前副市長や一部…

201811/30

土木の日フェスタ&消防団フェスタ開催。

県建設業協会壱岐支部などが主催の「土木の日壱岐フェスタ2018」と、市消防団主催の「消防団フェスタ」が18日、イオン壱岐店横芝生で合同で行わ…

201811/30

長崎らしい土産づくりを。

長崎県ブランド農産加工品認証制度「長崎四季畑」の総合審査会がこのほど開かれ、新規53商品、更新18商品が認証。認証商品は109商品となった。…

ページ上部へ戻る