© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20165/19

怪物種雄牛が誕生 勝乃幸がBMS全国1位

 県肉用牛改良センターは4月28日、同センターで供用している種雄牛「勝乃幸」が、同センターが実施した現場後代検定で全国歴代1位の脂肪交雑(BMS値)を記録したと発表した。
 同牛のBMS値は10・3で、これは本県歴代1位だった「金太郎3」(勝本町生産)、「百合幸」(石田町生産)の8・4をはるかに上回ったばかりか、昨年、鳥取県の「白鵬85の3」が記録した歴代全国1位の9・7も大きく更新した。
 また5等級率は91・7%で、これも本県歴代1位の成績だった。同センターは「信じられないような数値。言葉は悪いが、化け物のような種雄牛が誕生した。長崎和牛の品質向上に大きく貢献してくれるはずだ」と驚いている。
 同牛は平戸市の生産だが、その父・勝乃勝は芦辺町生産。同センターの種雄牛は平茂晴を筆頭に、本市産牛が強力なラインナップを揃えている。今後も勇気、弁慶3、鶴江平茂、桃太郎3、勝忠勝など本市生産の種雄牛の現場後代検定結果が次々に発表される予定となっている。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201811/16

女子郷ノ浦7位、男子勝本10位。県中学総体駅伝競走大会

県中学総体の第60回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第35回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2…

201811/16

交通マナーの徹底を。

先日、交通安全協会の優良運転者表彰を取材した際、2人の受賞者が口を揃えて指摘していたことが「壱岐のドライバーはマナーが悪い」というものだった…

201811/16

白川市長と中村知事、滑走路延長で論戦。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が12日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、小金丸益明市議会議長、山本啓介県議らが、県からは中村…

201811/9

満席の会場は爆笑の渦。三遊亭歌之介独演会

一支国博物館の特別企画展「しまごと芸術祭2018」の一環で1日、落語公演「三遊亭歌之介独演会」が3階多目的ホールで開かれ、180席が満席とな…

201811/9

障害者週間を前に考えること。

12月3~9日までの1週間は「障害者週間」に指定されている。国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経…

ページ上部へ戻る