友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20165/19

怪物種雄牛が誕生 勝乃幸がBMS全国1位

 県肉用牛改良センターは4月28日、同センターで供用している種雄牛「勝乃幸」が、同センターが実施した現場後代検定で全国歴代1位の脂肪交雑(BMS値)を記録したと発表した。
 同牛のBMS値は10・3で、これは本県歴代1位だった「金太郎3」(勝本町生産)、「百合幸」(石田町生産)の8・4をはるかに上回ったばかりか、昨年、鳥取県の「白鵬85の3」が記録した歴代全国1位の9・7も大きく更新した。
 また5等級率は91・7%で、これも本県歴代1位の成績だった。同センターは「信じられないような数値。言葉は悪いが、化け物のような種雄牛が誕生した。長崎和牛の品質向上に大きく貢献してくれるはずだ」と驚いている。
 同牛は平戸市の生産だが、その父・勝乃勝は芦辺町生産。同センターの種雄牛は平茂晴を筆頭に、本市産牛が強力なラインナップを揃えている。今後も勇気、弁慶3、鶴江平茂、桃太郎3、勝忠勝など本市生産の種雄牛の現場後代検定結果が次々に発表される予定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

20221/17

「挑戦し続けます」 成人式で誓い新た

市成人式が9日、壱岐の島ホールであり、新成人の対象者261人のうち230人が出席。成人としての誓いを新たにした。 式では白川博一市長が…

20221/17

地鎮祭の跡も? 発掘現場で説明会 埋文センター

県埋蔵文化財センターはこのほど、本年度発掘調査現地説明会を原の辻遺跡北側の閨繰(みやくり)地区近くの調査現場で開いた。 市民約30人が…

20221/3

壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(71)と盈科小学校交通少年団のメンバーらが24日、壱岐警察署に手作りの門松1対を寄贈。玄関前に飾った。 …

ページ上部へ戻る